Tableau Server 10 新機能:パブリッシュフローの改善 #tableau

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

Tableau 10 新機能紹介シリーズ、当エントリは『パブリッシュフローの変更』に関する、正式リリース前の先取り内容紹介となります。Tableau Server及びOnlineへのコンテンツアップロード、Tableau用語で言うところの『パブリッシュ』について、バージョン10で改善が為されているようです。当エントリではその内容について確認してみたいと思います。

tableau10-comming-soon_00

Tableau Server 10のインストール

まずはTableau Server 10のインストール。別途環境を用意し、Betaサイトからインストーラを入手して進めます。

setuptableau-server-v10_01

手順としてはこれまでの形と変わらず、インストーラ起動後は流れに従って進めて行く形に。

setuptableau-server-v10_02 setuptableau-server-v10_03

setuptableau-server-v10_05 setuptableau-server-v10_06

インストール完了後、ヘルプメニューからバージョンを確認してみます。確かにバージョン10のものが導入されていますね。

setuptableau-server-v10_07

パブリッシュフローの確認

次いで本題である『パブリッシュフロー』について。こちらはバージョン10になり、従来の形とは若干異なってきている様です。

Tableau Desktop 10を起動し、メニューからサーバへのサインインを行います。

tableau-server-publish-flow_01

サーバのURL、ユーザー名及びパスワードを入力してサインイン実施。

tableau-server-publish-flow_02

従来の手順通り、パブリッシュを実行します。

tableau-server-publish-flow_10

パブリッシュの設定画面が起動。ここは従来の物とは異なるデザインになっていますね。

tableau-server-publish-flow_03

パーミッションの編集リンクをクリックしてみます。ユーザー・グループ毎の編集を行うダイアログが新デザインで表示されました。

tableau-server-publish-flow_04

更に先に進めて行くと、従来のデザインで個別設定の画面へと遷移しました。

tableau-server-publish-flow_05

パブリッシュ実行。

tableau-server-publish-flow_06

パブリッシュ完了。これまではデスクトップ画面上に『完了しました』の旨、及びプレビュー画面が表示されていましたが、10からは直接Serverの画面に遷移する形になるようです。

tableau-server-publish-flow_07

ここからは現時点(2016年06月13日現在)では実装されていない様ですが、紹介動画を確認してみるとパブリッシュ完了のタイミングで『コンテンツの更新』を追加するかどうか尋ねられ、必要に応じてスケジュールとして追加する事が出来るようになるようですね。

tableau-server-publish-flow_08

tableau-server-publish-flow_09

まとめ

以上、Tableau Server 10における『パブリッシュフローの改善』に関するご紹介でした。パブリッシュ作業がこの改善で更に捗るようになりますね!こちらからは以上です。