Tableau 9.2 新機能紹介: Mobile – Geolocation(ジオロケーション/ユーザーの位置情報)対応

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

この度、Tableauの新しいバージョン『Tableau 9.2』が各種プロダクトでリリースされました。

当エントリでは数あるTableau 9.2の新機能の中から『ジオロケーション(Geolocation)対応』についてご紹介して行きたいと思います。

目次

 

ジオロケーション対応とは

ここは用語辞典サイトの内容をそのまま引用させて頂こうと思います。

Geolocationとは、ユーザの位置情報を扱う技術のことである。

この技術により、ユーザが立っている位置から各種の情報、例えば最寄りの駅を通知するサービスが提供できる。また、特定地域のネットワークを遮断することも可能である。

位置を検出する方法には、GPSを使って直接的に取得する方法の他に、ネットワークのIPアドレスからデータベースを検索して使用者の位置を知る方法、無線LANのアクセスポイントから場所を特定できる情報と電波状態情報を利用して現在位置を特定する方法がある。

最近のブラウザでは地理位置情報サービスのためのGeolocation APIを利用できるようになっており、それを使い個人で独自の機能を実現することが出来る。

なお、このGeolocation APIのことを単にGeolocationと呼んでいる場合もある。

今回のTableau9.2の対応の場合、iPhone及びiPad版の『Tableau Mobile』がこのジオロケーション機能を搭載しており、現在位置を踏まえたTableauワークブックの活用が出来るようになる、という訳ですね。

 

『ジオロケーション対応』の検証

今回のジオロケーション機能の検証は以下の流れで行ってみたいと思います。

  • 地図情報を交えたTableauワークブックを作成
  • TableauワークブックをTableau Serverにパブリッシュ
  • MobileでTableau Serverにアクセス
  • Mobile経由でジオロケーション機能の検証実施

まずはデータの準備。今回はスターバックスの任意のエリア(横浜市西区を選んでみました)における店舗情報を使ってみたいと思います。公式サイトの検索結果から、以下13件のデータを用意しました。

tableau92-geolocation_01

CSVデータも念のため以下に置いときます。

店舗名,住所,緯度,経度,営業時間,URL
横浜北幸店,220-0004 神奈川県 横浜市西区 北幸2-6-1 横浜APビル,35.466960 ,139.616960 ,07:00〜22:00,http://www.starbucks.co.jp/store/search/detail.php?id=206
横浜西口店,220-0005 神奈川県 横浜市西区 南幸1-9-13 葉山ビル,35.465607 ,139.619669 ,07:00〜23:00,http://www.starbucks.co.jp/store/search/detail.php?id=353
横浜ジョイナス店,220-0005 神奈川県 横浜市西区 南幸1-4 ジョイナス B1F,35.466575 ,139.621287 ,07:00〜22:00,http://www.starbucks.co.jp/store/search/detail.php?id=1286
横浜スカイビル店,220-0011 神奈川県 横浜市西区 高島2-19-12 スカイビル,35.464556 ,139.624649 ,07:00〜23:00,http://www.starbucks.co.jp/store/search/detail.php?id=1082
ルミネ横浜店,220-0011 神奈川県 横浜市西区 高島2-16-1 ルミネ横浜 2F,35.465264 ,139.622848 ,07:00〜22:00,http://www.starbucks.co.jp/store/search/detail.php?id=1353
横浜[アット!]店,220-0012 神奈川県 横浜市西区 みなとみらい2-3-9 クイーンズスクエア横浜[アット!]1F,35.455810 ,139.633743 ,07:30〜22:30,http://www.starbucks.co.jp/store/search/detail.php?id=8
横浜ランドマークプラザ店,220-0012 神奈川県 横浜市西区 みなとみらい2-2-1 横浜ランドマークタワー,35.455240 ,139.631084 ,07:00〜22:30,http://www.starbucks.co.jp/store/search/detail.php?id=49
TSUTAYA 横浜みなとみらい店,220-0012 神奈川県 横浜市西区 みなとみらい4-7-1 ミッドスクウェア,35.458956 ,139.630162 ,07:00〜26:00,http://www.starbucks.co.jp/store/search/detail.php?id=2015
横浜アイマークプレイス店,220-0012 神奈川県 横浜市西区 みなとみらい4-4-5,35.460100 ,139.628189 ,07:00〜22:00,http://www.starbucks.co.jp/store/search/detail.php?id=1190
横浜モアーズ店,220-8533 神奈川県 横浜市西区 南幸1-3-1 横浜モアーズ 2F,35.467338 ,139.622015 ,07:00〜23:00,http://www.starbucks.co.jp/store/search/detail.php?id=72
横浜モアーズ8階店,220-8533 神奈川県 横浜市西区 南幸1-3-1 横浜モアーズ 8階,35.467338 ,139.622015 ,11:00〜23:00,http://www.starbucks.co.jp/store/search/detail.php?id=1326
横浜ビブレ店,220-8577 神奈川県 横浜市西区 南幸2-15-13 横浜ビブレ 2F,35.464875 ,139.618027 ,07:00〜23:00,http://www.starbucks.co.jp/store/search/detail.php?id=1327
日産グローバル本社ギャラリー店,220-8686 神奈川県 横浜市西区 高島1-1-1 NISSAN GLOBAL HEADQUARTERS GALLERY,35.463473 ,139.626242 ,08:00〜20:00,http://www.starbucks.co.jp/store/search/detail.php?id=2045HL00113-2

前に投稿した『Mapbox連携』を用いての地図情報も盛り込み、以下の様なTableauワークブックを作成してみました。

tableau92-geolocation_02

Tableau Server(今回はデスクトップと同じくTableau Server 9.2を用意しました)にワークブックをパブリッシュ。

tableau92-geolocation_03

パブリッシュ後のコンテンツ内容です。

tableau92-geolocation_04

ブラウザ上では以下の様に見えています。

tableau92-geolocation_05

Tableau MobileをiPad端末で起動し、Tableau Serverへのログインを行います。

tableau92-geolocation_06

iPad上ではこのような形で見えています。

tableau92-geolocation_07

画面を操作すると、左上の方にツールメニューが表示されます。その中で、虫眼鏡(地名検索が出来るアイコン)の下、丸っぽい印のアイコンをタップしてみましょう。

tableau92-geolocation_08

アプリ側で『位置情報を使いますが良いですか?』と聞いてきます。ここは[OK]押下。

tableau92-geolocation_09

すると、現在の位置情報を端末側で割り出し、その位置に即した形で地図が表示されました!

tableau92-geolocation_11

......って、そうじゃない!(; °Д°)
(当初見た時は、思わず画面に向かってツッコミを入れてしまっていました)

 

挙動に関する要望

この場合は、同じズームレベルのまま、現在位置を表示して欲しかったです...。何回か試してみた結果、ジオロケーションボタンを押した時には常に同じズームレベルで位置を表示している模様。指定のズームレベルより更に詳細なレベルで表示していた場合、今回のケースの様にあまり嬉しくない結果となるようです。この部分については是非とも改善して頂ければと思います。

挙動としては先程の状態から、ズームレベルを保ったまま、現在位置を表示する様なイメージでしょうか。シナリオ的には、今自分の居る位置から一番近いお店はここですね!更にはお店に関する情報は...という形でiPad/iPhoneでの分析に繋がるような画をイメージしていました。(※この部分がイメージ通りに機能するのであれば実際西区に出向いてリアルな位置情報を確認しようかなと思ったけどこの挙動だったので現在位置の設定は弊社秋葉原オフィスで試しました)

tableau92-geolocation_12

 

まとめ

以上、Tableau9.2の新機能、ジオロケーションに関するご紹介でした。エントリの最後では『要望』として書かせて頂きましたが、実利用シーンを考えるとこの部分が実現されれば使い勝手は格段に良くなると考えています。Mapbox連携も然り、Tableauと地図周りの機能強化の度合いは強まって来ているなと感じます。今後にも期待ですね。こちらからは以上です。