複数の方法でTableau Serverのステータスを確認する #tableau

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

はじめに

こんにちは。大阪オフィス唯一のDI部メンバー、tamaです。

本エントリは、Tableau Server Qualified Associateの試験ガイド「評価するスキル」に関連する内容となります。

  • ※2018年4月にバージョン2018.1がリリースされましたが、2018年5月現在のTableau Server Qualified Associateはバージョン10.5が対象のため、バージョンで異なる仕様や挙動については、バージョン10.5を対象にしています。

本エントリの概要

今回は試験ガイドの「複数の方法でサーバーのステータスを確認する」を見ていきたいと思います。

Tableau Serverに限った話ではありませんが、複数人が共有して使用するサービスは、何か問題があった際、すぐに対応できるように、管理者は状態を注視しておく必要があります。Tableau Serverには、Tableau Serverのステータスを確認できる仕組みが用意されているので、それらを見ていきたいと思います。

Tableau Serverのステータス確認方法

ステータスページ

一つ目の方法としては、Tableau ServerのWebUI上から確認する方法です。メニューより対象サイトを「すべてのサイト」にして、「ステータス」を選択するとステータスページを見ることができます。ステータスページには、様々なサーバープロセスと、それらの現在のステータスを表示されています。

プロセスのステータスアイコンにカーソルをドラッグすると、そのプロセスのポート番号が表示されます。

上記画像は単一サーバ構成のものですが、複数台構成の場合は、クラスターコントローラーのステータスも表示されます。また、単一サーバでも複数台構成でも、調整サービスに関する情報はこちらのページには表示されません。

「tabadmin status -v」

Tabadminのコマンドの中に、Tableau Serverのステータスを確認するものがあります。

tabadmin status -v

このコマンドは、ステータスページでの確認と違い、調整サービスやクラスターコントローラーに関する情報も確認することができます。

現在のTableau Serverのステータスが把握できます。ちなみに、ここで表示される番号はポート番号ではなくプロセスIDということに注意が必要です。

Systeminfo.xml

Tableau Serverのステータスは、xmlファイルとしても取得することができます。こちらを表示するには、Tableau ServerのURLの後に/admin/systeminfo.xmlを追加してアクセスします。

  • http://<Tableau ServerのURL>/admin/systeminfo.xml
  • http://localhost/admin/systeminfo.xml

…など

実際にアクセスしてみると、下記のように表示されます。

こちらに表示される数字はポート番号です。(tabadmin status -vと混同しないように注意)

おわりに

Tableau Serverの(プロセスの)ステータスの確認方法について見てきました。大きく3つの方法がありますが、適宜使い分けてTableau Serverを運用していきたいですね。

参考