クラスメソッド社内で発生した『ブルボン総選挙』の行方をTableauで可視化してみた

426件のシェア(そこそこ話題の記事)

『きっかけ』は、以下Togetterの情報が弊社Slackの雑談チャンネルに投下されたことでした。

このコメントを皮切りに、次々と表明される『俺の/私の好きなブルボンのお菓子』たち。みんな好きなのね〜。

そしてふと気づくと、同Slackチャンネルに『投票結果』を投下してしまっていたのでした...この間僅か30分。(作るぞ、となってからは15分くらいでした)

当エントリでは、このグラフを作るぞ!となってから出来上がるまでの流れ、そして『総選挙の行方』と『予想外の展開』について、簡単ではありますが内容をご紹介したいと思います。

目次

 

『ブルボン総選挙』投票結果可視化までの流れ

可視化に用いたツールは、Developers.IOでも度々記事として取り上げている『Tableau』というツールです。デスクトップツールとなる『Tableau Desktop』というツールを用いました。

まずはデータの準備です。今回この喧騒(?)を見てパッと思いついたのは『シンプルにどのお菓子が何票取ったか集計して、棒グラフで表示出来れば良いかな。お菓子の色も特色がそれぞれあるので、近しい色で表現出来れば分かりやすいかも。あとアイコンも何かしら表示出来れば見た目的にも映えるかも。』というイメージです。そのイメージを実現させるために、データをこしらえ、データを使った可視化(Viz)を作成していきます。

実際に用いたデータがこちら。即席で用意出来るもので、項目も『投票者の氏名』と『何を選んだか』という文字情報のみです。Tableauでは、この『何を選んだか』の件数を数値項目(メジャー)、何を選んだかの対象となる『製品名』の文字列を切り口(ディメンション)として扱います。

Tableau Desktopを起動し、データソースの接続を行います。[Microsoft EXCEL]から対象ファイルを指定して開きます。

データ接続の詳細が表示されます。今回の場合ではここで特に設定を変える必要はありません。下部の[シートに移動]から[シート1]を選択します。

Vizの編集画面に遷移。ここでは項目を列と行に配置してベースとなるグラフを生成します。選択肢を列、レコード数を行に配置すると棒グラフが表示されました。件数で並べ替えを行いたいので、列を選んでメニューから[並べ替え]を選択します。

並べ替えの条件を指定。すると内容もその形で並べ替えされます。

お菓子の種類毎に色分けもしてみたいので、『選択肢』を色のカードに落とし込みます。すると、以下の様な形で色の指定が個別に出来るようになります。近しい色をそれぞれ指定し、[OK]を押下。

超〜〜ざっくりであればこれで出来上がりです。ただもうひと手間加えてみたかったので、バーの上部に製品毎のアイコンを表示させてみたいなと思ったので、その手順もこちらでご紹介してみたいと思います。(著作権的なアレもあるので、該当箇所はモザイク加工とさせて頂きますm(_ _)m )

まずは下準備。Tableauでは2つのグラフを『二重軸』という機能を使って重ね合わせる事が可能です。この機能を使ってグラフとアイコンを重ね合わせて表示させます。

メジャーの部分を、Controlキーを押下しながらドラッグアンドドロップ。これで複製が可能です。複製させると以下の様な形でグラフが2つ表示されます。下部に表示されたグラフの部分の表示形式を『自動』から『形状』に変更。

すると、グラフの表示内容が以下の様な記号に置き換わります。更にこの選択肢は『色』で表示されていますので、この内容をそのまま『形状』カード部分にドラッグアンドドロップします。

内容が『選択肢』の情報に置き換わりました。

Tableauでは『形状』にカスタマイズした画像情報を活用する事が出来ます。所定のフォルダに画像一式を配置しておくと、

Tableauの『形状の編集』画面(遷移するには"形状"カード部分をクリック)で記号毎の画像で項目ごとに表示させる画像が選べるようになります。

グラフ編集に戻ります。追加したほうのメジャーを選択して[二重軸]を選択すると、

棒グラフの上に画像が乗っかる形で表現出来ました。あとは大きさや位置、文字列の装飾を施せば形になる、という流れです。(最終集計結果はエントリの最後で!)

 

『ブルボン総選挙』トピックス

このVizをチャンネルに公開すると、ブルボン総選挙の勢いは更にヒートアップ。

早速商品を発注するバームロールおじさん:

対抗して商品を発注するルマンドおじさん:

バームロールおじさんのロビー活動にたなびく者たち:

争いを止めない人間の様を嘆くものも:

製造元である『株式会社ブルボン』様の本社が新潟県ということで、先日発生した山形県沖の地震で被害を受けた新潟県を応援しよう!という流れに。

機先を制してオフィスに届くルマンド。そして現物を配って回るルマンドおじさん:

静かな会話の中で、何とかして勢力を拡大しようと目論む様が見え隠れするバームロールおじさんとルマンドおじさん:

(追記)総選挙の過程で生み出されるSlackリアクションの数々。

(追記)東京以外の拠点にも次々とデプロイされるブルボンのお菓子たち。

この『騒動』が思わぬ流れに...

そして事態は思わぬ方向に。なんとカフェ『Developers.IO CAFE』にて、各種商品を取り寄せる形で『ブルボン総選挙』が開催される運びとなりました!!!


(※追記:実際にカフェにデプロイされたブルボンのお菓子たち。)

ブルボン総選挙 in Developers.IO CAFE』開催日は来週2019年06月25日(火)となります。当日秋葉原近辺にお越しの際は是非当カフェにお立ち寄り頂き、『祭り』にご参加頂けますと幸いです。

 

『第1回 クラメソ社内ブルボン総選挙』結果は...

という訳で、クラメソ社内にて自然発生した『ブルボン総選挙』の行方を可視化してみた、という内容のご紹介でした。この『祭り』は殊の外、多くの社員の票を集める形となり(有効得票数:65票)、中々に盛り上がった形となりました。派生して"現物"を使った催しがあっという間に決定してしまうのも、クラメソならではの自由さ、フットワークの軽さと言えるのではないでしょうか。

また、今回可視化に使ったTableauについても、初歩的な内容ではありましたが直感的な操作でスムーズにVizが作れる手軽さを感じ取って頂けたかと思います。

結果発表!

そして最終結果は以下のような結果となりました!投票にご協力頂いた皆様、ありがとうございました!(そしてブルボン様、このような形で情報を使わせて頂き申し訳ありません。何かありましたら速やかに対応致しますので何卒宜しくお願い致します)

また、これを機に『ブルボンのお菓子を食べたくなってきたぞ...!』となった方は是非こちらのページなどから各種商品をお買い求め頂けますと幸いです!


(※......せやな)