『笑点』出演者の歴史を可視化してみた

87件のシェア(ちょっぴり話題の記事)

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

小ネタです。そして完全にネタ先行のエントリです。

先日2016/05/22(日)の夕方、『笑点』の第6代司会者である桂歌丸氏が"引退"をされるという事で、特番+生放送でその最後の出演が放送されました。笑点の50年近い歴史に於いて大きな節目となる回という事で、当日は私もTVでその内容を楽しんで観ておりました。

笑点は放送開始が1966年5月15日となっていますので、ほぼほぼ、丸々50年続いてきたという形になります。Webで情報を漁っていたら、ふと過去の出演者の『紋付の色』が実に色とりどりである事に改めて気付き、またそれぞれの『色』の変遷はどの様になって来ていたのだろう、と気になりました。他に長期間出演されて来たメンバーはどの程度の長きに渡って出演しているのだろう、といったあたりも気になります。

という訳で、その辺をTableauで可視化してみようと思います。

『笑点』出演者情報 可視化の流れ

出演者の『紋付きの色』及び名前、期間に関する情報はWikipediaの内容を参考にしました。情報を得るにあたり、以下の様な判断基準でデータをEXCELに起こしています。雰囲気どんな歴史だったのだろう、というようなものを見たかったので正確なデータとは言えないかと思いますが、その辺りは御了承頂ければと思います。

  • 『色』に関する情報がある場合、『色紋付の色と着衣期間』を出演開始〜終了の情報としています。
  • 色の遷移が無い場合は『色無し』とし、出演開始〜終了期間を参考にしています。
  • 秋、冬という記載が一部ありましたので、秋=9/1,冬=12/1で日付を登録しています。
  • 途中休演期間を挟んでいる場合も人に拠ってはありますが、そこまで反映するとエラい手間が掛かるので断念しました。
  • 諸々の事情で改名している人も居るので、その辺りは別途情報を分けました。

以上の情報を踏まえてEXCELに起こしたイメージがこちらです。

viz-shoten_01

Tableau Public Viz: 笑点出演者の出演期間を色付きで表示

で、作成の過程を端折っての成果物。Tableau Publicに公開してみました。

出演者別の出演期間の帯については『ガントチャート』で表してみました。こちらについての作り方の詳細については以下エントリをご参照ください。

そして、色についてはTableauで用意されているものでは全てをカバーする事は出来なかったので、今回用に別途カラーパレットを作成し、それを使いました。カスタムカラーパレットの作成方法については以下エントリをご参照ください。

viz-shoten_10

Tableau Public Viz: 笑点出演者の出演期間概算をランキングで表示

もう1つの可視化ネタがこちらです。過去の出演期間に於ける『年数』を出して多い順に並べてみました。歌丸師匠の50年近い出演期間もスゴイですが林家木久扇師匠もそれに続く出演期間の長さ!その他現行メンバーの多くも30年近い出演期間を経て今に至るのだという事が分かりますね。

なお、出演期間(年数)についてはTableauの日付関数で『年の差分』を取得し、人名で合算しています。(※こちらについてもざっくりな年数となります旨御了承ください)

DATEDIFF('year',[出演期間(開始)],[出演期間(終了)])

まとめ

以上、完全に思い付きで発進した可視化ネタエントリでした。50年に及ぶ『笑点』の歴史、当エントリを執筆するにあたってざっくり振り返ってみましたが、やはり50年という歴史の長さ、重みはスゴイものがありますね。毒蝮三太夫・ヨネスケの両氏が過去に『座布団運び』担当だったというのは今回初めて知りました。可視化でどういうデータをどういう風に見せるかという部分については、頭の体操にもなりますね。Tableauでデータを可視化してみるというのに取り組んで見る場合、こんな感じで手元にあるデータ、馴染みのあるテーマで試しにやってみるというのはオススメです。

それでは当エントリ、この辺でお開きに...。

参考情報: