[Talend]Talend Open Studio 7.1.1をAmazon Correttoで動かしてみる

はじめに

こんにちは。DI部の大高です。

Amazon Corretto 8がGAになったということなので、今回はTalend Open Studio 7.1.1をAmazon Correttoで動かしてみたいと思います。

Amazon Corretto 8 Now Generally Available

前提条件

今回インストールするTalendのバージョンは「Talend Open Studio for Big Data」の「Version 7.1.1」です。

環境はWindows 10(64bit)で、すでにOracleのJDK8がインストールされている環境となっているので、msi版のインストールではなくzip版をダウンロードします。

Amazon Corretto 8 のダウンロード

以下のページからダウンロードを行います。なお、2019/02/04現在では「日本語」のページだとまだインストーラのリンクがプレビュー版になっているので言語を「English」に切り替えてダウンロードしました。

Downloads for Amazon Corretto 8

今回ダウンロードしたファイルは「amazon-corretto-8.202.08.2-windows-x64-jdk.zip」になります。

解凍と配置

無事にダウンロードされたら、zipファイルを解凍して適当なフォルダに配置します。私は以下のようなパスになるように配置しました。

C:\opt\amazon-corretto\jdk\bin

Talend Open Studio の設定と起動

Talend StudioをJava VM指定で動かしたい場合には、Talend Studioの実行ファイルがあるフォルダにある「TOS_BD-win-x86_64.ini」を編集して、明示的にVMを指定します。以下のように指定しました。

-vm
C:\opt\amazon-corretto\jdk\bin\javaw.exe
-vmargs
-Xms512m
-Xmx1536m
-Dfile.encoding=UTF-8
-Dosgi.requiredJavaVersion=1.8
-XX:+UseG1GC
-XX:+UseStringDeduplication

これで準備ができたので、起動をしてみます。

メニューの「ウィンドウ」の「Preference」から「Java > Installed JREs」を開くと、「amazon corretto」になっていることが確認できます。

以前に作成したジョブも特に問題なく動きました。

まとめ

以上、「Talend Open Studio 7.1.1」を「Amazon Corretto」で動かしてみた。のご紹介でした。

「Amazon Corretto」が遂にGAになったので、今後は「Amazon Corretto」を利用してTalendジョブを作成していきたいと思います!

それでは。