[日本語Alexa] 本日から利用可能になった新しいコンソールでアカウントリンクを設定してみました

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

1 はじめに

昨日、Alexaの開発者コンソールで新しいUIが利用可能になりました。

そこで、とりあえず下記の記事の一部リニューアルという位置づけで、アカウントリンクの設定をやってみました。

2 スキルの作成

新しいコンソールでのスキルの作成は、以下のとおりです。

  • あなたのアレクサコンソール から スキル(新しいコンソール) を辿ります。

  • スキルの一覧画面で、Create Skillを選択します。

  • スキルの名前を設定し、デフォルトの言語をJapaneseにして、Nextをクリックします。

  • スキルのモデルの選択では、Cuctomを選択状態とし、Create Skillをクリックします。

3 アカウントリンクの設定

新しいスキルビルダーでは、Buildメニューの中に、CUSTOM、 ACCOUNT LINKINGS、及び、PERMISSIONSがありますが、アカウントリンクの設定は、2番目のACCOUNT LINKINGSで行います。

これは、従来の「設定」の中にあった「アカウントリンク」の部分です。

設定項目及び設定内容は、以下のとおりです。

  • Authorization URL 「https://www.amazon.com/ap/oa」 (LWA固定)
  • Client Id LWAの「Client ID」です。
  • Scope 「profile」 指定できるscopeについては、Customer Profileをご参照ください
  • Authorization Grant Type 「Auth Code Grant」
  • Access Token URI 「https://api.amazon.com/auth/o2/token」 (LWA固定)
  • Client Secret LWAの「Client Secret」です。
  • Client Authentication Scheme 「HTTP Basic (Recommended)」

設定する内容については特に変化はありませんでしたが、ただ一点、以前の設定画面は、タイムアウトが非常に短く、すばやく設定しないと「リロードして下さい」って事で、やり直しになってしまっていたのですが、そこが改善されているように感じました。非常に嬉しいです。

4 アカウントリンクの有効化

  • Alexaアプリでスキルを開いて有効化します。

  • 認可情報を確認し、「許可」を押します。

  • 正常にリンクされましたが表示されたら完了です。

5 アカウントリンクにはエンドポイントが必要

当初、アカウントリンクの有効化で「リンクできませんでした」が表示されてしまいました。

すかさずデバッグを実行してみましたが、シーケンスにエラーはなく、アクセストークンもLogin with Amazon から、ちゃんと送られてきていました。

結論としては、エンドポイントの設定でした。ダミーでもエンドポイントの設定をしないと、「正常にリンクされました」が表示されないようなので、ちょっと注意が必要です。

ほんと、↓この記事秀逸です。(ステマ)

6 最後に

新しいUIでしたが、設定項目や概念は、まったく変わっていないので、特に戸惑う所はありませんでした。もっと言うと、以前より項目のカテゴリ分けが、より矛盾無くなったと言えるかもしれません。

みんなで、新しいUIを楽しみましょう!