【新機能】Amazon Comprehend Medicalがリリースされました! #reinvent

はじめに

毎日新機能/新サービスがバンバン出てきて超楽しい。今回ご紹介するのはこちら!

Amazon ComprehendはAWS re:Invent 2017で発表された、機械学習を活用した自然言語処理(Natural Language Processing)サービスです。Amazon Comprehend Medicalでは、機械学習を使用して非構造化テキストから簡単に医療情報を抽出することが出来ます。

なお、ドキュメントにも記載がありますが、Amazon Comprehend Medicalはあくまで医療情報のテキストを抽出して分析するのみであり、専門的な診断や治療するものでないことが明記されています。重要なユースケースではお医者さんがちゃんとレビューするようにとのことです。

やってみた

AWS管理コンソールでAmazon Comprehendを開きます。[Try Amazon Comprehend]をクリックします。

左側のメニューにComprehend Medicalが追加されています。[Real-time analysis]をクリックします。

AWS管理コンソール上で簡単に試すことが出来るReal-time analysis画面が開きます。画面上位には、機械学習の精度によって結果が変わるケースがあるという注意書きが表示されます。

さて、サンプルの文章として以下のものがInputに記載されています。

Pt is 40yo mother, highschool teacher 
HPI : Sleeping trouble on present dosage of Clonidine. Severe Rash  on face and leg, slightly itchy  
Meds : Vyvanse 50 mgs po at breakfast daily, 
            Clonidine 0.2 mgs -- 1 and 1 / 2 tabs po qhs 
HEENT : Boggy inferior turbinates, No oropharyngeal lesion 
Lungs : clear 
Heart : Regular rhythm 
Skin :  Mild erythematous eruption to hairline 

Follow-up as scheduled

このテキストを分析した結果が以下のようにビジュアル化されて表示されます。

Entity分析の結果も表示されます。

Application integrationでは、InputとResponseのテキストが表示されます。

さいごに

ユースケースとしては、お医者さんが患者さんについてメモした内容を検索したり、あるいは特定の情報のみを抽出してデータ分析する、等が考えられます。日本語には対応されていませんが、医療情報は英語で書かれることも多いと思いますので、Comprehend Medicalを活用するシーンは多いのではないでしょうか。