AWS コンソールで、カタカタカタ…タァーン! がしたい

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

AWS事業部の梶原大使(ambasad)です。

いつも大変お世話になっているAWSコンソールなんですが
行きたいサービスに行くときにちょいちょい迷子になります。

そこで、どうやったら楽に自分の行きたいサービスにイケるかを考えてみました。
よく使うのはピン止めしていくというはあるのですが、弊社仕事柄いろんなサービスを使用するので
AWSコンソールの検索窓からいける方法を選択しました!

一部のサービスを除き 1文字 or 2文字+Enterキーで、イケそう!
と、思ったら、先日から検索窓でEnterでの画面遷移ができなくなってしまったのです・・・Oh.
ただ、「サービス」を押下した後の検索窓ではEnterでの画面遷移はまだできるようなので
タァーンをしたい方は、そちらから遷移してください。

ということで、サービスと紐づくキーを調査しました。
尚、調査方法は機密事項です(笑。
他にも飛べるキーはありますが独断と偏見で選んでます。
ただ、もっと直感的でいいキーがあれば教えてほしいです。
サービスが漏れている場合もあるかと思いますが、主要サービスということでご容赦ください

さて、2018年度バージョンということで、投稿時点でサービスへ遷移できるキー入力は下記になります。

サービス キー キーその2
Alexa for Business al
Amazon Chime ch
Amazon Comprehend 00
Amazon Connect ct
Amazon FreeRTOS fr
Amazon GameLift aa
Amazon Lex l
Amazon Macie a
Amazon MQ mq
Amazon Polly p
Amazon Redshift r
Amazon SageMaker sa
Amazon Sumerian su
Amazon Transcribe tr
Amazon Translate sl
API Gateway ap
Application Discovery Service dis
AppStream 2.0 0
Artifact ar
Athena at
AWS AppSync y
AWS Auto Scaling au
AWS DeepLens d
AWS Glue gl
AWS Migration Hub h
AWS Single Sign-On si
Batch b
Certificate Manager ce
Cloud9 9
CloudFormation cf
CloudFront fro
CloudHSM hs
CloudSearch rc
CloudTrail c
CloudWatch cw
CodeBuild ld
CodeCommit it
CodeDeploy oy
CodePipeline pe
CodeStar sta
Cognito co
Config cm
Data Pipeline da
Database Migration Service s
Device Farm fa
Direct Connect ir
Directory Service ory
DynamoDB dy
EC2 ec
EFS ef
EKS ek
Elastic Beanstalk be
Elastic Container Service ai ti
Elastic Transcoder t
ElastiCache cac mem
Elasticsearch Service s↓
EMR em
Glacier ac
Greengrass g
GuardDuty dd
IAM i
Inspector in
IoT 1-Click 1
IoT Analytics io
IoT Core c↓
IoT Device Management ot
Kinesis ki
Kinesis Video Streams k vi
Lambda la
Lightsail li
Machine Learning go
Managed Services ed ag
MediaConvert m
MediaLive iv
MediaPackage pa
MediaStore hl
MediaTailor lor
Mobile Analytics mo
Mobile Hub h↓
Neptune n
OpsWorks op
Pinpoint pi
QuickSight q
RDS rd
Rekognition re
Route 53 5
S3 s3
Secrets Manager et
Server Migration Service serve
Service Catalog ca
Simple Email Service ses
Simple Notification Service no sns
Simple Queue Service sqs
Snowball sn
Step Functions fu
Storage Gateway st
SWF sw
Systems Manager sy ma
Trusted Advisor ad
VPC v
WAF & Shield wa
WorkDocs wo do
WorkMail km
WorkSpaces w
X-Ray x

※↓は下矢印キーで1つ候補を移動してください

まとめ

日々AWSサービスは追加、更新されますので、気が付いたら更新しますが、 あまりに、AWSサービスの追加更新が、はやいため、更新が追いついていけないことが予想されます。 基本的には来年の弊社創立記念日7月7日まで、おまちいただけたらと思います。
(重要なサービスは更新します)

なお、cmはAWS Configでした。なかなか、趣深いですね。

ただ、自分としては、Server Migration Service のキーが心残りです。

一通りサービスをみましたが、本当に多いですね。来年の更新が楽しみです。

なお、このタァーンの様子は、本日発売された弊社2次元社員めそ子のスタンプでもみることができます。 ご興味がある方はキー入力と合わせて使ってみてはどうでしょうか。

めそ子スタンプ