【速報】AWS Database Migration Service & AWS Scheme Conversion Tool発表!DBの移行が簡単に! #reinvent

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは、せーのです。AWS Re:Invent2015現地におります。 たった今新サービス「AWS Database Migration Service」「AWS Scheme Conversion tool」が発表されました!

20151007095809

20151007095855

AWS Database Migration Service (Preview) Now in Preview: AWS Database Migration Service

現在はプレビュー版なのでこちらより申し込みが必要です。

オンプレからRDSへ簡単に移行できる

このサービスは簡単に言うと「オンプレにあるDBをAWS上に移行するためのサービス」となります。

通常オンプレのデータをRDSに全て移行するには長い計画、移行設計をしなくてはいけません。通常1企業のデータであれば6ヶ月から1年みたりします。この新サービスを使うことでそれを数十分に縮めることが可能です。

現在RDSでは「MySQL」「Postgres SQL」「Oracle」「SQL Server」の4つが対象となり※「Maria DB」「Aurora」も対象 オンプレにあるDBをRDSに簡単に移行することができます!

20151007100843

同じエンジンの場合は「AWS Database Migration Service」違うエンジンの場合は「AWS Scheme Conversion tool」を使います。

継続的にレプリケートすることができる

レプリケート時のダウンタイムも最も短く実現することができます。

違うエンジンなら変換してマイグレーション

「AWS Scheme Conversion tool」を使うとオンプレ上から違うエンジンのRDSへ移行することができます。 テーブルデータだけではなくスキーマ、パーティション、ストアドプロシージャ、ストアドファンクション等が変換されて移行されます。 もし変換できないものはその旨が通知されます。

アプリ間でのレプリケート

アプリケーション間でレプリケートすることができます。

モニタリング

移行している最中の様子をGUIでリアルタイムにモニタリングが可能となります。

コスト

移行にかかるコストですが1TBを$3くらいで可能となります。料金表はこちら

詳細は後ほど!!