[速報]AWS新サービス: AWS Import/Export Snowball #reinvent

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは、虎塚です。

10月7日のre:Invent 2015のkeynoteで、大量データのInport/Exportサービス(物理)が発表されました。

snow1

解決する課題

これまでも大量データのインポート、エクスポートのサービスが存在しましたが、物理メディアを介したデータの管理はつねにユーザにとって課題でした。今日、データをインポートするには様々なデバイスやプラグが必要です。

また、もうクラウドに移行しようと考えているユーザにとって、大量データを取り出すために、設備を増強するのは現実的ではありません。

AWS新サービス: Snowball

Snowballでは、Amazonの専用ストレージを使って、1週間に1PBのデータを移行できます。これは物理的なソリューションです。

snow3

白いポリタンクのような大きくて頑丈なハードウェアアプライアンスです。ここにデータを入れてUPSでAWSへ送ります。

snow4

利点

SnowballではEnd to End でデータを暗号化できます。

また、テラバイトサイズのデータをパラレルに送り出すことができます。10個のSnowball接続は、100GBネットワーク接続に相当するとのことです。

snow2

セキュアで高速、ペタバイトを扱えるストレージとして期待が高まりますね。続報をお伝えしていきたいと思います。

それでは、また。