【小ネタ】AWS Lambdaの管理コンソールがCloud9 Editor対応したようです #reinvent

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

2017/11/30(木)のKeynoteでAWSの提供するCloud IDEである「Cloud9」が発表されました。

【速報】AWS Cloud9がリリースされました! #reinvent

Lambdaとのシームレスなインテグレーションや共同編集など、魅力的な機能が目白押しです。

Lambdaをいじっていて気づいた

ちょうど昨日のKeynote以降から、AWS Lambdaの管理コンソールが大きく変わりました。

Triggerの情報や、Lambda Functionに紐付けたIAM RoleでどのAWSサービスへのアクセスが可能か、などが非常にわかりやすく表示されるようになりました。

その変更の他に、なんと管理コンソール上でのLambdaのソースコード編集がCloud9のEditorで行えるようになっていました!高機能な編集機能が使えるようになり、大変便利になりました。

今までは、zipファイルをアップロードしてデプロイしたLambda Functionでは行うことができませんでしたが、この変更のおかげでzipファイルをアップロードしたLambda Functionの編集も行えるようになったようです!すばらしい。ただし、zipのアップロード時刻が古いものは編集ができないようなので、「Edit Code Inline」が選択できなかった場合は、もう一度zipをアップロードしてみましょう。

Cloud9を使ってバリバリLambdaを開発していきましょう!