【レポート】AWS Cloud9 の紹介 #reinvent #DEV320

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

DEV320 - NEW LAUNCH! Introducing AWS Cloud9, a cloud IDE to write, run, & debug your code

ラスベガスで開催中の re:Invent 2017 にて「DEV320 - NEW LAUNCH! Introducing AWS Cloud9, a cloud IDE to write, run, & debug your code」を聴講してきたのでレポートします。

1

スピーカーは以下の 2 人です。

  • Ruben Daniels
  • Nikolai Onken

ソフトウェア開発の三本柱

  • Run
  • Release
  • Create

2

Run

  • EC2
  • Fargate
  • ECS
  • Lambda
  • Aurora
  • RDS
  • Redshift

100 を超えるサービスがある

3

Release

  • CodeCommit
  • CodeBuild
  • CodeDeploy
  • CodePipeline
  • CodeStar

などなど

4

Create

ここに登場したのが AWS Cloud9 !!

5

なぜ新たな IDE を作ったか

1. 開発者はクラウドを構築しているが、ローカルマシンを使用している

痛いところ

  • ハードウェアや構成に依存する
  • 各プロジェクトでのマルチタスクが大変
  • 複数の場所からの作業が難しい

6

2. 開発環境をセットアップするのは面倒

  1. IDE やプラグインのインストール
  2. スタックの設定
  3. 環境を製品に合わせる
  4. ようやくコーディングが開始

人手も時間もかかる!

7

プロジェクトが増えるほどにかかる!

8 9

3. 開発者は簡単に共同作業でコーディングする必要がある

  • お互いの画面を見るというやり方はスケールがきかない
  • 画面共有ツールを使用すると、常にコンテキストを切り替えることができる

10

4. 既存の IDE はサーバーレスアプリケーションのニーズに追いついていない

11

そこで AWS Cloud9

12

コーディングに必要なのはブラウザだけ

13

新たな環境を作成するだけですぐにプロジェクトを開始できる

14

メンバーとリアルタイムで共同編集コーディングができる

15

サーバーレスアプリケーションのビルドが簡単

16

Cloud9 上のターミナルで AWS サービスに直接アクセスできる

17

デモ

デモでは以下が行われていました。

  • 環境の作成
  • Cloud9 上のターミナルから GitHub リポジトリのクローン
  • コードの実行とログ出力
  • サーバーレスアプリケーションの作成
  • デバッグ
  • 共同編集
    • コーディング
    • チャット
  • デプロイ

以下のブログにもこれらについて書かれています。
ぜひご覧ください。

【速報】AWS Cloud9がリリースされました! #reinvent

【速報】Lambdaファンクションを共同編集!AWS Cloud9を使ってコラボレーション開発をしてみた #reinvent

【速報】AWS Cloud9を使ってLambdaのテストをしてみた #reinvent

本日から利用可能

18

残念ながら東京リージョンはまだありません。
利用可能なリージョンは以下の 5 つです。

  • us-east-1
  • us-east-2
  • us-west-2
  • eu-west-1
  • ap-southeast-1

19

料金

EC2 方式

  • IDE の使用は無料
  • EC2, EBS は通常料金
    • 実行とコードの保存

SSH 方式

  • IDE の使用は無料
  • EC2, EBS は使用しない

20

感想

デモを見た限り、かなり高速で動作していました。
実際に開発で使ってみたいですね。
Lambda のコードを書く時に試してみようと思います!

リンク