【新機能】AWS Service Catalogが新たに5つのリージョンで使えるようになりました。

はじめに

地味なアップデートも拾っていくぞ、のコーナーです。

AWS Service Catalogはこれまで対応していたリージョンは以下の通りです。

  • バージニア(us-east-1)
  • オハイオ(us-east-2)
  • オレゴン(us-west-2)
  • カナダ(ca-central-1)
  • アイルランド(eu-west-1)
  • フランクフルト(eu-central-1)
  • ロンドン(eu-west-2)
  • 東京(ap-northeast-1)
  • シンガポール(ap-southeast-1)
  • シドニー(ap-southeast-2)

今回新たに対応したリージョンは以下の通りです。

  • 北カリフォルニア(us-west-1)
  • ソウル(ap-northeast-2)
  • ムンバイ(ap-south-1)
  • サンパウロ(sa-east-1)

つまり、北京とGovCloudを除いた全てのリージョンで、AWS Service Catalogが使えるようになりました!

AWS Service Catalogとは

AWS Service Catalogを簡単に説明すると、

      IT管理部門が、組織としてのガバナンスに則った構成のCloudFormationテンプレートを製品として登録し、
      ユーザー部門が、その製品を使うことで、組織のガバナンスに則った形で、欲しい機能をすぐに手に入れることが出来る

ためのサービスです。

詳しくは以下ブログをご参照下さい。

確認

AWS管理コンソールでAWS Service Catalog管理画面を開き、リージョンを確認すると、以下のように全リージョンで使えるようになっています。

さいごに

特に大企業ではとても有効的なサービスなので、是非試してみてはいかがでしょうか。