【レポート】クラウド移行はまずはここから。「Amazon FSx for Windows File Server」によるファイルサーバ移行のベストプラクティス #AWSSummit

こんにちは。
ご機嫌いかがでしょうか。

こちらは2019年06月12〜14日に行われたAWS Summit Tokyo 2019のセッションレポートです。

6月14日 14:00-14:40
 クラウド移行はまずはここから。「Amazon FSx for Windows File Server」によるファイルサーバ移行のベストプラクティス

セッション概要

  • クラウドのほぼ2/3がWindows OS
    • Windowsファイルサーバーのオンプレ管理の課題
      • ハードウェアの管理
      • ソフトウェアの管理
    • AWSで運用した場合
      • ハードウェアの管理 無くなる
      • ソフトウェアの管理は必要
    • ハードウェアとソフトウェアの管理を両方AWSでした
    • ゴール:Windowsストレージのクラウド移行へのベストソリューションを提供
      • Windowsアプリケーションとの互換
      • パフォーマンスを提供
        • ミリセックレベルのレイテンシ
        • 高いスループット、IOPS
      • エンタープライズ利用を想定
  • Amazon FSx for Windows File Server
    • ネイティブなWindowsとしての互換性
      • 完全マネージド
      • NTFS
      • ネイティブSMB 2.0 to 3.1.1
      • Microsoft AD連携とWindows ACLをサポート
        • 既存のIdentity管理、グループ管理を使える
      • DFSネームスペース、DFS レプリケーション
    • 高速で殉難なパフォーマンス
      • SSDストレージ
      • 高スループット、高IOPS
      • 容量に関係なくパフォーマンスレベルを選択可能
        • キャッシュにより高いパフォーマンスを提供
        • バーストも可能 (1日あたりの上限あり)
      • サブミリセカンドレベルのレイテンシ
      • CloudWatchによるモニタリング
    • エンタープライズ用途に最適
      • ハードウェア障害検知、継続的な監視
      • AZをまたいだデータレプリケーション
      • S3へのバックアップ
      • DFSネームスペースとDFSレプリケーション
      • 保存時だけでなく通信中のデータも暗号化
      • AD連携とWindows ACLサポート
      • VPCセキュリティグループを使ったアクセスコントロール
      • IAMを使ったAPIアクセスコントロール
      • CloudTrailによる記録
      • PCI-DSS + ISO、HIPPA準拠
    • アクセス性
      • EC2
      • VMware Cloud on AWS
      • WorkSpaces
      • AppStream 2.0
      • OnP
      • Windows Server 2008以降
      • Windows 7以降
      • Linux (Sambaクライアント)
    • 完全マネージド
      • プロビジョニング、セットアップ、ボリューム管理
      • Windowsソフトウェアアップデート
      • 自動バックアップと管理
    • 幅広いユースケース
      • ホームディレクトリ
      • ビジネスアプリケーション
      • Webサービスおよびコンテンツ管理
      • ソフトウェア開発環境
  • Amazon FSx for Windows Fileserver 価格
    • Storage容量
    • スループット容量
    • バックアッププライス
    • TCO例
      • ストレージ容量:1024GB、ベースラインスループット:8Mbps、バックアップ:500GB → 約200ドル
  • Amazon FSx for Windows Fileserver リージョン
    • 7つのリージョン、東京リージョンあり
  • アーキテクチャ
    • VPC、サブネット内にエンドポイントを作る
    • SMBマルチチャンネル対応
    • マルチAZ
      • DFSレプリケーションを確立される
      • DFSネームスペースを使って冗長構成をとる
    • 大容量データの管理
      • DFSネームスペースで複数のファイルシステムを統合
      • 最大50,000共有
    • リードレプリカを使ったスケールアウト
      • ドキュメント参照
    • シャーディングを使ったスケールアウト
      • 例えば社員の頭文字でファイルシステムを分ける
    • バックアップ
      • 毎日自動化されたバックアップ
      • ユーザー指定バックアップ
  • 既存のホームディレクトリを FSx へ移行
    • AWS Managed ADを用いて片方向の信頼関係を構築
    • 既存ファイルをマイグレーション
    • 既存ACLを担保
    • 詳細を知りたい方はドキュメント参照
  • 簡単なデモ

所感

社内システムのAWS移行における大きな山場の一つ、ファイルサーバー。
そのマネージドサービスが紹介されました。
反響の大きいサービスの一つと言えます。
セミナーで紹介されていたアーキテクチャは公式ドキュメントに記載がありますので
参考にして頂ければと存じます。

公式ドキュメント

What Is Amazon FSx for Windows File Server?
Performance in Amazon FSx for Windows File Server
Multi-AZ File System Deployments

以上、吉井 亮 がお届けしました。