【速報】VPCでBring Your Own IPのプレビュー開始がアナウンスされました

208件のシェア(すこし話題の記事)

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

はじめに

中山(順)です

AWS Summit New Yorkの中継を見ておりましたら、なんかすごい機能がアナウンスされました。 所有しているグローバルIPアドレスをVPCに持ち込めるようになるそうです。

Announcing Bring Your Own IP for Amazon Virtual Private Cloud (Preview)

これまで

AWS上でパブリックにルーティング可能なIPアドレスを利用したい場合、AWSが提供するEIPやPublic IP Addressなどを利用する必要がありました。

この際、以下のようなことが課題になることが考えられます。

  • サービス利用者のFirewallなどのホワイトリストにサービスで利用するIPアドレスが設定されている場合、変更してもらう必要がある
  • レピュテーションを良い状態で維持してきたメール配信事業者が移行先でも同じIPアドレスを利用したい

メールのレピュテーションについてはSendGridさん(構造計画研究所さん)のブログが非常に参考になると思います。

参考情報:IPアドレスのウォームアップ

これから

まだプレビューなので詳細な情報はこれからですが、既存環境のIPアドレスをAWSに持ち込むことができそうです。 おそらく、EIPのように使うことができるのではないかと想像します。あくまでも想像ですが。

これにより、前述の課題の解決が期待されます。

提供リージョン

オレゴンリージョンでのプレビューを受け付けているようです。

プレビュー申請フォームはこちらです。

Bring Your Own IP Preview

制限事項

プレビュー申請フォームより、以下の2点が読み取れました。

  • 持ち込めるネットワークアドレスの最小レンジ
    • /24
  • The American Registry for Internet Numbers (ARIN)に登録されているアドレス
    • これはオレゴンリーションでのプレビューのためだと思いますので、当然リージョン依存で決まるでしょう

類似サービス

packetで提供しているこちらのサービスが、かなり近しいものと思われます。(こちらも現時点ではPrivate Betaのようです。)

IP Address Space

AWSではどんな仕組みで動いているのか、こちらを参考にしながら想像するのもよいのではないでしょうか。

まとめ

比較的大規模なサービス事業者・ISP・キャリアの方々に関係しそうなサービスという印象を受けました。 来年のAWS Summit Tokyoでどでかい事例発表とかありそうな予感がします。

現場からは以上です。