Cloudera社がAWS re:Invent 2017でクラウドベースのデータウェアハウス”Cloudera Altus Analytic DB”を発表しました #reinvent

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

はじめに

AWS re:Invent 2017において、Cloudera社より掲題のサービスの発表がありました。

発表の内容

Cloudera Altus Analytic DBを知るためには、まず"Cloudera Altus"を知っておく必要があります。

Cloudera Altusとは、クラウド上でHadoopを簡単に扱うためのPlatform-as-a-Service(PaaS)基盤(プラットフォーム)です。Cloudera Altusは、WebUIやCLIからクラスタの作成・ジョブの投入を行うためのAltus Data Engineeringと、 実際にHadoopクラスタが動くAWS環境の2つから構成されています。

今回発表された"Cloudera Altus Analytic DB"とは、Altusプラットフォームの上に構築されたアプリケーションであり、Hadoop用の超並列データベースであるApache Impalaと機能的に同一のものを提供します。これにより、大量に蓄積されたデータをRDBに移すことなくBIツールやSQLを用いて高速に検索することができるようになります。

Cloudera Altus Analytic DBの初期ベータ版は、Amazon Web Services(AWS)で利用可能になります。下記ページからパブリックベータの待機リストに参加することができます。ベータ版が利用可能になったら詳細情報を受け取ることができます。

クラウデラ社とのパートナーシップについて

弊社は、Cloudera株式会社と2017年6月29日、Cloudera Connectパートナー契約を締結しております。

クラスメソッド、Clouderaと共にエンタープライズHadoopソリューションのクラウド導入支援を開始 〜Cloudera Connectパートナーとして「Cloudera Enterprise」を迅速にAWS導入〜 | クラスメソッド
クラスメソッド、Clouderaと共にエンタープライズHadoopソリューションのクラウド導入支援を開始 〜Cloudera Connectパートナーとして「Cloudera Enterprise」を迅速にAWS導入〜

このパートナーシップにより、弊社はClouderaのエンタープライズHadoopソリューション「Cloudera Enterprise」のアマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)への新規導入をご支援しております。

また、このパートナーシップを通じて技術情報の提供を相互に行っており、その例として、今月初めに行われた「Cloudera World Tokyo 2017」において、弊社がCloudera製品について紹介する機会を頂きました。

【11/7 東京】「Cloudera World Tokyo 2017」にデータインテグレーション部 小澤祐也が登壇します | クラスメソッド

今後共、Cloudera様と弊社をよろしくお願い致します。