【セッションレポート】クラウドネイティブなデータ収集 #cmdevio2015G

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

はじめに

AWSチームのすずきです。

先日開催されたDevelopers.IO 2015で「クラウドネイティブなデータ収集』というタイトルで発表いたしました。 そちらで利用した資料を紹介させていただきます。

スライド

まとめ

機能の少なさなどから、一見すると地味に見えるAmazon Kinesis。 その拡張性、可用性と、高い非機能要件性能を低コストで利用する事が可能です。

また、低コストなログ集約の実現により、DWH+BIツールによるビッグデータ解析や、 機械学習の訓練データとしての活用など、データ駆動を実践する第一歩になりえます。

利用規模が爆発的に増大する可能性のある、IoT、M2Mやモバイル用途のデータ収集に より広く使われると考えられるKinesisとその周辺システム。これからに注目です。