AWSでのサーバーレス開発を初心者向けに伝授!会場に技術相談コーナーもあります #cmdevio2018

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

エンジニアの皆さん、お祭りはお好きですか?10月5日(金)秋葉原で、クラスメソッドがAWS技術のノウハウを惜しみなく公開するお祭り「Developers.IO 2018」を開催します。せっかくの祭りは楽しまないともったいない!ということで、イベントをさらに盛り上げるべく、セッションでお話しするスピーカーの紹介などコンテンツの情報をお知らせしていきます。

今回はそのシリーズ第6弾として、イベントにて「今からでも遅くない 基礎から学ぶサーバーレス開発 -キホンの「キ」-」をテーマにお話しするクラスメソッドのサーバーレス開発部・サーバーレスエンジニア岩田智哉のコメントをお伝えします。岩田はAWS LambdaやAmazon DynamoDBに代表されるAWSのマネージドサービスを活用しており、サーバレスアーキテクチャによるシステム開発の担当です。

サーバーレス開発のキホンからわかりやすく教えます

本セッションでは、まず「サーバーレスとは何か?」「何が実現できるのか?」「何が嬉しいのか?」といったサーバレス開発の基礎知識をお伝えします。次に、サーバレスアーキテクチャに特化した部隊として開発を行う現場で見えてきたサーバーレスのユースケースや、サーバーレスならではのつらみなどについてもお話しする予定です。

「サーバーレス」という言葉が世に出てきてから数年が経過し、この技術はもはやアーリーアダプターだけのものではなくなっています。これまでサーバーレス開発に取り組んで来なかった方が、今後サーバーレスという技術を活用していくための手助けになればと思い、このテーマを選びました。初心者向けの内容なので、下記にあてはまる方にオススメのセッションです。

  • サーバーレス自体が何なのかよく分からない
  • サーバーレスの開発方法について知らない
  • サーバーレスを活用してコスト削減に取り組みたい

AWS各分野の初心者向けサポートも充実

サーバーレス開発の第一歩を応援するセッション「今からでも遅くない 基礎から学ぶサーバーレス開発 -キホンの『キ』-」は、10月5日(金)17:00〜17:40に秋葉原UDXで行います。これからサーバーレス開発をスタートしたいという方にはぴったりの内容です!

さらに会場では「Classmethod クリニック」と題して、サーバーレスをはじめAWSに関連する多分野のご質問・ご相談を各分野の専門エンジニアがお受けします。初心者の方がスキルアップを始められる環境が整っていますので、ぜひ気軽にのぞいてみてくださいね。

※当日はどのセッションも満席近い状況が予想されます。立ち見となる場合もございますが、あらかじめご了承ください。

お申し込みはこちら
プロモーションコード”devio2018”を入力すると1000円オフ!

*他のスピーカーやセッション紹介は「Developers.IO 2018を徹底的に楽しむ」シリーズ記事一覧