AWS東京リージョンでインターリージョンVPCピア接続、海外リージョンとのプライベート通信が可能になりました

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

はじめに

AWSチームのすずきです。

異なるリージョン間でプライベートIP接続を実現するインターリージョンVPCピア接続、 本日からAWS東京リージョンを含む、9つのリージョンで利用する事が可能になりました。

東京リージョンとオレゴンリージョンの間のインターリージョンVPCピア接続設定と、 通信速度などの確認を試みる機会がありましたので、紹介させて頂きます。

Inter-Region VPC Peering is Now Available in Nine Additional AWS Regions

インターリージョンVPCピアリングにリージョン追加。新たに9つのリージョンで利用可能に

環境

VPC

  • 東京リージョンはデフォルトVPC(172.31.0.0/16)を利用しました。
  • オレゴンリージョンは、IPv4 CIDR、プライベートIPが重複しないVPC(192.168.0.0/20)を用意しました。

EC2

東京、オレゴン共に Amazon Linux 2017.09.1 のAMI、インスタンスタイプは「r4.large」を利用しました。

  • amzn-ami-hvm-2017.09.1.20180115-x86_64-gp2 (ami-ceafcba8)
  • amzn-ami-hvm-2017.09.1.20180115-x86_64-gp2 (ami-f2d3638a)

ピア接続

AWS東京リージョンのVPCピア接続画面で、異なるリージョン指定が可能となりました。

VPCピア接続の作成、承認、ルーティングテーブル、セキュリティグループの設定は、これまで通りの手順で設定を行いました。

[新機能]リージョン間のVPCピアリング「Inter-Region VPC Peering」がリリースされました! #reinvent

[VPC Peering] 異なるAWSアカウントでのVPCピア接続を試してみた

iperf

東京、オレゴン間の帯域確認に利用した「iperf」は、EPELリポジトリを利用してインストールしました。

sudo yum install iperf --enablerepo=epel

EC2でiperfを使ってネットワークスループットを計測してみた。

接続結果

ping

東京→オレゴン

$ ping -c 3 54.202.27.248
 PING 54.202.27.248 (54.202.27.248) 56(84) bytes of data.
 64 bytes from 54.202.27.248: icmp_seq=1 ttl=237 time=121 ms
 64 bytes from 54.202.27.248: icmp_seq=2 ttl=237 time=121 ms
 64 bytes from 54.202.27.248: icmp_seq=3 ttl=237 time=121 ms

$ ping -c 3 192.168.0.180
 PING 192.168.0.180 (192.168.0.180) 56(84) bytes of data.
 64 bytes from 192.168.0.180: icmp_seq=1 ttl=255 time=122 ms
 64 bytes from 192.168.0.180: icmp_seq=2 ttl=255 time=122 ms
 64 bytes from 192.168.0.180: icmp_seq=3 ttl=255 time=122 ms

オレゴン→東京

$  ping -c 3 13.230.33.179
 PING 13.230.33.179 (13.230.33.179) 56(84) bytes of data.
 64 bytes from 13.230.33.179: icmp_seq=1 ttl=237 time=121 ms
 64 bytes from 13.230.33.179: icmp_seq=2 ttl=237 time=121 ms
 64 bytes from 13.230.33.179: icmp_seq=3 ttl=237 time=121 ms

$  ping -c 3 172.31.34.211
 PING 172.31.34.211 (172.31.34.211) 56(84) bytes of data.
 64 bytes from 172.31.34.211: icmp_seq=1 ttl=255 time=123 ms
 64 bytes from 172.31.34.211: icmp_seq=2 ttl=255 time=123 ms
 64 bytes from 172.31.34.211: icmp_seq=3 ttl=255 time=123 ms

iperf

東京→オレゴン

 $ iperf -c 54.202.27.248
 ------------------------------------------------------------
 Client connecting to 54.202.27.248, TCP port 5001
 TCP window size: 45.0 KByte (default)
 ------------------------------------------------------------
 [  3] local 172.31.34.211 port 34624 connected with 54.202.27.248 port 5001
 [ ID] Interval       Transfer     Bandwidth
 [  3]  0.0-10.0 sec   118 MBytes  98.9 Mbits/sec
 
$ iperf -c 192.168.0.180
 ------------------------------------------------------------
 Client connecting to 192.168.0.180, TCP port 5001
 TCP window size: 45.0 KByte (default)
 ------------------------------------------------------------
 [  3] local 172.31.34.211 port 56580 connected with 192.168.0.180 port 5001
 [ ID] Interval       Transfer     Bandwidth
 [  3]  0.0-10.1 sec   116 MBytes  96.6 Mbits/sec

オレゴン→東京

 $ iperf -c  13.230.33.179
 ------------------------------------------------------------
 Client connecting to 13.230.33.179, TCP port 5001
 TCP window size: 45.0 KByte (default)
 ------------------------------------------------------------
 [  3] local 192.168.0.180 port 38538 connected with 13.230.33.179 port 5001
 [ ID] Interval       Transfer     Bandwidth
 [  3]  0.0-10.1 sec   118 MBytes  97.7 Mbits/sec

$ iperf -c  172.31.34.211
 ------------------------------------------------------------
 Client connecting to 172.31.34.211, TCP port 5001
 TCP window size: 45.0 KByte (default)
 ------------------------------------------------------------
 [  3] local 192.168.0.180 port 34688 connected with 172.31.34.211 port 5001
 [ ID] Interval       Transfer     Bandwidth
 [  3]  0.0-10.1 sec   116 MBytes  97.1 Mbits/sec

まとめ

AWS東京リージョン、オレゴンリージョン間のVPC接続を簡単に設定する事ができ、 ping、iperfによる疎通まで確認する事ができました。

これまでもEC2を利用したVPNを作成する事により、リージョン間のプライベート通信を行う事は可能でしたが、 EC2に起因する制限や費用、管理工数などが問題となる事がありました。

今回東京リージョンでも利用可能となったインターリージョンVPCピア接続では、 標準のリージョン間データ転送課金のみでセキュアで高品質なネットワークを利用する事が可能になります。

AWS東京で稼働するシステムのDRや多国籍展開などでリージョンを跨ぐ通信を実現する場合には、 インターリージョンVPCピア接続をご活用ください。