【認定資格】資格を取得してクラスチェンジしようぜ #reinvent

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

ご機嫌いかがでしょうか、豊崎です。

AWS認定資格についてオフィシャルの戦略ガイドが認定者ラウンジで配布されていたので、ご紹介させていただきます。

配布資料

AWS認定者ラウンジではトレーニングと認定についてまとめた、取得戦略資料が配布されていました。 表紙にはドット絵のキャラクターが3種類書いてありました。素敵です。

各キャラクタの紹介

Cloud Practitioner

職業:見習い

Solutions Architect(Associate)

職業:騎士

SysOps Administrator(Associate)

職業:忍者

Developer(Associate)

職業:魔法使い

Solutions Architect(Professional)

職業:パラディン

DevOps Engineer(Professional)

職業:上級魔法使い

魔法

Big Data

種類:黒魔法

Advanced Networking

種類:白魔法

クラスチェンジフロー

まずは見習いになりましょうと書いてあります。その後は上位クラスにクラスチェンジするもよし、魔法を取得するもよしです。実際のクラスチェンジは「試験に合格すること」です。AWSには試験に向けた学習のためのトレーニングメニューが用意されています。資格によって、指導者によるトレーニングまたはウェブでの学習コンテンツが用意されています。

認定資格ラウンジでの特典

認定資格ラウンジでは限定のTシャツがもらえます。 Associateの3種類のジョブがプリントされています。 re:Invent期間中も認定試験を受験することができますので、まだまだチャンスがありますよ!

さいごに

私はAWSを学習するにあたって、はじめに目標としたのが、AWS認定資格取得(ソリューションアーキテクト)でした。AWS自体がワクワクする内容であることに間違い無いのですが、資格に向けた勉強はなかなかモチベーションが大変だった思い出があります。当時このキャラクターがあったらより楽しめたのかもしれません。 そしてBig DataとNetworkingの日本語試験が早く開始ないかなぁと思う今日この頃でした。

資格だけでなく、新しい技術の学習において、近くに聞くことのできる人がいる環境に身を置くことが成長を加速させると感じています。クラスメソッドにはその環境が揃っています。もし興味がありましたら是非ご応募ください。

採用情報:https://classmethod.jp/recruit/

リンク

以下、AWS認定資格のURLです。
certified-cloud-practitioner
certified-solutions-architect-associate
certified-sysops-admin-associate
certified-developer-associate
certified-solutions-architect-professional
certified-devops-engineer-professional
certified-big-data-specialty
certified-advanced-networking-specialty