AWS Systems Managerで新しいリソースグループが利用可能になりました #reinvent

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

はじめに

re:Invent 2017でAWS Systems Managerが登場し、新しいリソースグループを利用できるようになりました。

おさらい
AWSのリソースグループを利用すると、AWSリソースにタグ付けをすることでリソースをグループ化できます。
例えば、環境タグ(env,environmentなど)にprdが設定されたリソースについては本番環境グループ、
testが設定されている場合は検証環境グループなどグループ化できます。

今までのリソースグループは、Classicグループになりました

今までのリソースグループはClassicグループに名前が変わりました。
Classicグループは、IAMユーザーごとに作成されます。

新しいリソースグループはAWS Systems Managerに統合されました

新しいリソースグループはAWS Systems Managerに統合されました。
新しいリソースグループはAWSアカウントレベルで作成されます。
新しいコンソールを確認します。
AWS Systems Managerコンソールに接続すると、"リソースグループ"の項目があります。

Find Resourcesでリソースを検索します。
EnvタグにDevが設定されている値を検索してみました。
"クエリをグループで保存する"を選択すると、リソースグループが作成されます。
タグの設定はタグエディターを使うと便利です。

"Saved Resource Groups"にて、リソースグループの状態を確認できます。
リソースの詳細を確認する場合、リソース名のリンクからEC2などのコンソールにとぶ事ができます。

グループ単位でインサイトを確認できます。
AWS ConfigとAWS CloudTrailの状態を確認できました。
グループ単位でConfigとCloudTrailの概要を確認できます。

おわりに

re:Invent 2017でAWS Systems Managerが登場し、新しいリソースグループを利用できるようになりました。
新しいリソースグループはAWSアカウントレベルで作成されます。
今までのリソースグループはClassicグループに名前が変わりました。

参考