新発表されたAmazon FSx for Windows File Serverの料金まとめ #reinvent

こんにちは。サービスグループの武田です。

現在ラスベガスで開催中のre:Invent 2018のキーノートに参加しています。そこでWindows向けの新しいファイルサーバーサービスである Amazon FSx for Windows File Server が発表されました。発表内容については菊池のエントリを参照してください。

[速報] Windows で SMB アクセス可能なファイルサーバ!Amazon FSx for Windows File Server が発表されました! #reinvent | DevelopersIO

このエントリでは、この新サービスの料金についてまとめました。

前提

現地時間では2018/11/28 9:50になりますが、提供リージョンは次の4つとなります。

  • US East(N. Virginia)
  • US East (Ohio)
  • US West (Oregon)
  • Europe (Ireland)

そのため東京リージョンに来た場合の実際の料金はまた異なることが予想されます。東京リージョンで利用されたいという方は、まずは参考価格としてお考えください。

料金の分類

Amazon FSx for Windows File Serverの料金は使った分だけの従量課金となり、最低使用料やセットアップ料金などはありません。実際の料金は次の4つに分類できます。

  • データ転送
  • ストレージ容量
  • スループットキャパシティ
  • バックアップ

それぞれ見ていきましょう。

データ転送

AZ間のデータ転送を行った場合、標準のデータ転送料金がかかります。データ転送料金については次のリンクを参照してください。

オンデマンドインスタンスの料金 - Amazon EC2 (仮想サーバー) | AWS

ストレージ容量

ファイルシステムにプロビジョニングした、一ヵ月あたりのストレージの 平均容量 の支払いとなります。

スループットキャパシティ

ファイルシステムにプロビジョニングした、一ヵ月あたりの 平均スループットキャパシティ の支払いとなります。

バックアップ

自動バックアップおよびユーザーバックアップともに料金がかかります。バックアップは増分(インクリメンタル)バックアップとなるため、変更分のみが追加で保存されます。一ヵ月あたりの 平均バックアップ保存容量 の支払いとなります。

各リージョンごとの料金

以上のストレージ容量、スループットキャパシティ、バックアップの料金をリージョンごとにまとまると次のようになります。

リージョン ストレージ容量(GB/month) スループットキャパシティ(MBps/month) バックアップ(GB/month)
US East (N. Virginia) $0.130 $2.200 $0.050
US East (Ohio) $0.130 $2.200 $0.050
US West (Oregon) $0.130 $2.200 $0.050
EU (Ireland) $0.143 $2.420 $0.050

料金の試算例

US East (N. Virginia)の料金をベースに、次の使用例で試算してみます。

  • ストレージ容量:1024GB
    • 1024(GB) x $0.130 = $133
  • スループットキャパシティ:8MBps
    • 8(MBps) x $2.200 = $18
  • バックアップ:平均500GB
    • 500(GB) x $0.050 = $25

$133 + $18 + $25 = $176

というわけで、$176/月となりました。ストレージ容量当たりで見ると、$0.172/月ですのでEBSと比べてもそこまで高くない印象ですがいかがでしょうか?

まとめ

Windows向けのマネージドストレージは待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか。どんどんAWS環境が便利になっていきますね!

現場からは以上です。

参考