[速報] Amazon ECSやAWS Fargateと統合されたリソースマップ管理サービスAWS Cloud Mapがリリースされました! #reinvent

こんにちは。サービスグループの武田です。

re:Invent 2018が開催されているラスベガスでは息する暇もなく新サービスが発表されています。現場はてんやわんやです。そんな中AWS Cloud Mapという新サービスが発表されました。

AWS Cloud Map

AWS Cloud Mapはあらゆるクラウドリソースへの名前付けが可能なフルマネージドなリソースマップ作成・管理サービスです。アプリケーションが依存するバックエンドサービスおよびリソースを論理名でマッピングし、追跡・管理できます。これによって、今まで構成ファイルで静的にしか管理できなかったリソースを動的に管理できます。

またAmazon ECSやAWS Fargateと統合されており、新しいリソースがスピンアップ/ダウンすると自動的にAWS Cloud Mapに登録されます。さらにKubernetes ExternalDNSを利用することでAmazon EKSと統合することも可能です。

東京でも正式リリースされています!

マネジメントコンソールの一覧からも見つけることができ、東京でも利用可能です。

さいごに

ここ数年でマイクロサービスもホットなアーキテクチャとなってきましたが、管理に悩まれていた方も多いのではないでしょうか?AWS Cloud Mapでより便利になることが期待できそうですね!