[レポート]DAT204:最近のAmazon Auroraの新機能について #reinvent

こんにちは。コンサルティング部の崔です。

DAT204:What's New in Amazon Aurora に参加しましたのでレポートをお届けします。

主に、Amazon Auroraの基本的な部分について、説明がありました。

これから、Amazon Auroraを使い始めるという方の役に立てれば幸いです。

セッション概要

Amazon Aurora is a MySQL- and PostgreSQL-compatible relational database with the speed, reliability, and availability of commercial databases at one-tenth the cost. This session provides an overview of Aurora, explores recently announced features, such as Serverless, Multi-Master, and Performance Insights, and helps you get started.

スピーカー

  • Anurag Gupta - VP, Analytics & RDS

セッションメモ

  • Amazon RDS
    • 商用DBのOracle, SQL Server
    • オープンソースエンジンのMySQL, PostgreSQL, MariaDB
    • クラウドネイティブエンジンのAmazon Aurora
    • 以上、3種類から選択することができる

  • Amazon Auroraとは
    • オープンソースDBと同程度の価格で、エンタープライズDBの特性を持つ
    • マネージドサービスとして提供
      • ハイエンドな商用DBクラスの高性能、可用性
      • オープンソースDBのような低コスト、シンプルさ
      • MySQL, PostgreSQL互換
      • ライセンス費用はなく、使った分だけの課金

  • Amazon Aurora innovations
    • スケールアウト、分散、マルチテナント
    • AWSサービスを利用したサービス志向アーキテクチャ
    • フルマネージドサービスの自動化された管理タスク

  • スケールアウト、分散、マルチテナントデザイン
    • データベース専用に作られたログストラクチャードストレージ
    • 3つのAZに分散された数百のストレージノードに、ボリュームがストライピングされている
    • 各AZに2つずつ、計6つのデータコピーを保持することで、AZ+1のデータ障害にも対応可能
    • マスターとレプリカ

  • AWSサービスの利用
    • AWS Lambda
      • ストアドプロシージャ、トリガーからの呼び出し
    • AWS IAM
      • データベースアクセスコントロールの制御
    • Amazon S3
      • S3からのデータのロード
      • スナップショット、バックアップの保存・蓄積
    • Amazon CloudWatch
      • システムメトリックスとaudit logs のアップロード

  • 自動化された管理タスク
    • 時間のかかるデータベース管理タスクを自動化することで、アプリケーションの改善やビジネスに専念
    • AWSが管理
      • 自動化されたフェイルオーバー
      • バックアップとリカバリ
      • 分散とセキュリティ
      • コンプライアンスの準拠
      • 拡張
      • 自動パッチ適用
      • 拡張モニタリング
      • 定期的なメンテナンス
    • 自分で管理
      • スキーマデザイン
      • クエリの作成
      • クエリの最適化

  • なぜAuroraに移行するのか
    • オープンソースデータベースを使っている場合のメリット
      • より高いパフォーマンス・最大5倍
      • 優れた可用性と耐久性
      • コストを最大60%削減
      • 簡単な移行。アプリケーションの変更不要
    • 商用データベースを使っている場合のメリット
      • 10分の1のコスト。ライセンス不要。
      • クラウドエコシステムとの統合
      • 同程度のパフォーマンスと可用性
      • 移行ツールとサービス

  • Auroraの性能
    • MySQLは最大5倍のWrite/Read
    • PostgreSQLでも2倍のロード時間短縮
    • 2015年から継続して性能向上中
      • 書き込みで2倍の性能
      • 読み込みも40%の性能向上

  • Auroraの内部動作および新機能群
    • Aurora lock management
    • Asynchronous key prefetch
    • Batched scans
    • Parallel query processing
      • 問い合わせ処理をプッシュダウンおよび並列化する機能を提供
      • データに近い箇所で処理を実行することで、ネットワークのトラフィックとレイテンシーを軽減
    • 6-way replicated storage
      • 3つのAZにまたがる6つのコピー
      • 6つのうち4つのクォーラムで書き込み
      • 6つのうち3つのクォーラムで読み込み
    • リードレプリカとカスタムエンドポイント
      • 15個までのリードレプリカ Multi-AZ
    • インスタントクラッシュリカバリ
    • 書き込みワークロードのスケール
    • データベースバックトラック
    • パフォーマンスインサイト
    • セキュリティマネージメント

感想

Amazon Auroraは、高性能・可用性に非常に優れた低コストのRDBです。MySQLやPostgreSQLの互換性を持ったRDBですので、利用するにあたっての敷居も高くはないと思います。現在、MySQLやPostgreSQLを利用している方がAmazon Auroraへ移行するだけでなく、商用DBを利用している方にとっても、商用DB並のパフォーマンスと可用性を享受できるのではないでしょうか。また、ライセンス費用も削減されるといったメリットもあります。ぜひ移行対象のDBとして検討されてみては如何でしょうか?

以上です。