[速報] Amazon SageMaker Model Monitor がGAでリリースされました! #reinvent

Las Vegasで開催中のAWS re:Invent 2019 のAndy Jassy氏の基調講演で、Amazon SageMakerの新機能であるAmazon SageMaker Model Monitorが発表されました!

Amazon SageMaker Model Monitorの特徴

Amazon SageMaker Model Monitorの主な特徴は以下のとおりです。

  • 機械学習モデルのドリフトを自動で検知
  • 1クリックでモニタリングを開始
  • ドリフトが検知されると、開発者にアラートをあげることができる
  • トレーニング時に使用したデータから統計のベースラインを作成
  • ベースラインと実際に推論に使用したデータの比較
  • Amazon SageMaker Studioを使用したモニタリング結果の可視化

Amazon SageMaker Model MonitorはAmazon SageMakerのエンドポイントをモニターします。SageMaker上で動作するあらゆるタイプ(組み込みアルゴリズム、組み込みフレームワーク、または独自のコンテナでトレーニングされたモデル)をモニタリング対象とすることができます。

監視は定期的に実行することができ、監視結果のレポートはS3に格納されます。レポートには、最新の時間枠内に受信したデータに関する統計情報とスキーマ情報、および検出された違反に関する情報が含まれます。

モニタリング結果の可視化はAmazon SageMaker Studioで可視化することもできますし、Jupyter Notebookで分析することもできます。

まとめ

Amazon SageMaker Model Monitorを使うと、実稼働中の機械学習モデルを自動的に監視し、データ品質の問題が発生した場合にアラートをあげることができます。本日よりGAとなっていますので、これから早速ためしてみようと思います!

参考