[LTレポート] Amazon EKS (Elastic Container Service for Kubernetes) の紹介 #k8sjp

91件のシェア(ちょっぴり話題の記事)

3/8 に開催された Kubernetes Meetup Tokyo #10 において、AWS のエンジニアである岩永氏より Amazon EKS の紹介(ライトニングトーク)が行われましたのでレポートします。

ミートアップ全体については別記事でレポートしていますので、そちらもご参照下さい。

その前に : EKS とは

Amazon Elastic Container Service for Kubernates (EKS) は、昨年末の re:Invent 2017 で発表されたマネージドな Kubernetes (k8s) サービスです。詳細は下記にリンクした記事を参照して頂きたいのですが、単に EC2 上で k8s を動作させることにくらべ、AWS の他のサービスとの連携が強化されることになるそうです。

スピーカー

  • 岩永 亮介氏
    • アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 ソリューションアーキテクト

同録動画

今回のミートアップは全て動画が公開されており、本 LT は 02:14:00 あたりからになります。埋め込みは無効になっていましたのでリンク先でご覧下さい。

発表内容

  • 現在プレビュー中の EKS の紹介
  • まずは AWS におけるコンテナ関連サービスの紹介。AWS としてはデプロイのプロセスと関連深いと考えている
    • EKS は Amazon Elastic Container Service (ECS) と同列

  • k8s と AWS の関係
    • 昨年末時点で、k8s 利用者の 68% が AWS 上で動かしているとの CNCF アンケート結果がある
    • AWS も非常に重要視している
  • EKS の 4つの信条(Tenet)
    • EKS はエンタープライズ企業が本番のワークロードを実行するためのプラットフォームであること
    • EKS はネイティブで最新の Kubernetes の体験を提供すること
    • EKS ユーザが他の AWS サービスを使うとき、シームレスな連携を実現し不要な作業を取り除くこと
    • EKS チームは積極的に Kubernetes プロジェクトに貢献していくこと
  • Amazon EKS と AWS サービスの連携例
    • AWS IAM
    • ALB
    • ACM
    • Route 53
    • PrivateLink
    • ASG
    • EFS
    • RDS
    • ElastiCache
  • EKS を使用した構成例
    • 企業ネットワークと Direct Connect で接続し、一切インターネットに出ない閉じた環境で動かすことも可能

  • 動作デモ
    • YAML にはエンドポイントなど、1画面に収まる程度の情報を記述するだけ
    • kubectl コマンドで直接 EKS の環境にアクセス出来る

所感

業務ではコンテナ環境をさわることはないのですが、インフラフェチ エンジニアとして EKS は非常に気になる存在です。その概要と目指すところが明確に紹介された、LT とはいえ AWS の本気度が伝わってくるようなプレゼンテーションでした。

なお AWS のコンテナサービスについては、下記の Black Belt にても情報が公開されています。講師は本 LT と同じ岩永さんで、一部の資料も共通なので、こちらも是非ご参照下さい。

ちなみにこちらは、登壇者に質問したらもらえるステッカーです。わたしも頂いてきました。シンプルじゃないアイコンの Fargate かわいいですね!