【小ネタ】Route53のプライベートホストゾーンでELBのALIASレコードを登録する

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

コンニチハ、千葉です。

小ネタです。 まず、ALIASレコードって?は、こちらの記事がとてもわかりやすくまとまっています。

Amazon Route 53のALIASレコード利用のススメ

今回は、プライベートホストゾーンに対してALIASを登録します。

パブリックホストゾーンと違い、少しだけこつがいります。

パブリックホストゾーンでのALIAS登録

まずは復習として、パブリックホストゾーンでALIAS登録する場合です。こちらは簡単です。

Route_53_private-alias-1

リストから選ぶだけですね。

プライベートホストゾーンでのALIAS登録

プライベートホストゾーンでALIAS登録しようとすると・・・

Route_53_private-alias-2

のきなみ「No supported・・・」 となっています。

これって登録できないのでは・・・

と、思いますが登録できます。

では、どうやって登録するのか?

Route_53_private-alias-3

ELBのFQDNをコピーして貼り付けます。 (dualstack *1は自動で追加されます)

問題なく名前解決もできました。

# nslookup elb.chiba.local
Server: 192.169.0.2
Address: 192.169.0.2#53

Non-authoritative answer:
Name: elb.chiba.local
Address: XX.XX.XX.XX

まとめ

「No supported」と表示されますが、直接指定することで問題なくALIAS登録ができました。

脚注

  1. dualstackを付加するとip4、ipv6対応する 参考