【新機能】Amazon Route 53で日本語ドメインを始めとする多言語ドメインが買えるようになりました。

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは、せーのです。今日はAmazon Route 53のドメイン購入に関する新機能をご紹介します。

Internationalized Domain Name(国際化ドメイン名)とは

国際化ドメインは「多言語ドメイン」とも言われ、一般的にはIDNと略されます。その名の通り本来インターネットドメインに使用されるアルファベットと数字以外に漢字、アラビア文字、キリル文字、ギリシア文字などが使えるようになる仕組みです。日本語を使う場合は「日本語ドメイン」と言われます。
Punycode」という符号化方式を用いてUnicodeの文字列を「xn--」というプレフィックスをつけたASCII文字に変換することで多言語と本来のドメインURLの橋渡しをする、という仕組みになっています。

Amazon Route 53におけるIDN

Amazon Route 53では元々Hosted ZoneやRecord Setに多言語を使うことはサポートされていました。今回新たにサポートされたのはRegistered Domain、つまりAmazon Route 53でドメインを購入する時の多言語ドメイン名ということになります。

やってみる

ではサクッと試してみましょう。Amazon Route 53のManagement Consoleを開きます。

route53idn1

[Register Domain]からドメイン購入画面を開きます。

route53idn2

では日本語ドメインを入れてみます。

route53idn4

おお、通りました!もちろん有名な.comドメインだけではなく、Amazon Route 53で許可されているドメインであればどれでも通じます。

route53idn5

route53idn6

まとめ

いかがでしたでしょうか。Webシステムの新規構築時等に思い出して見てください。
ちなみにAmazon Route 53では買えるドメインのTLDが決まっています。買えないドメインもあるので事前にチェックしておくと良いですね。

Amazon Route 53で買えるドメイン一覧
http://docs.aws.amazon.com/Route53/latest/DeveloperGuide/registrar-tld-list.html

参考リンク