Amazon SageMakerのノートブックでJupyterLabが正式に使えるようになりました!

こんにちは、大阪DI部の大澤です。

Amazon SageMakerはノートブックインスタンスを用いたデータ探索や実験、機械学習モデルの学習からホスティングまで可能なフルマネージドサービスです。 以下のエントリでお伝えしていた通り、これまでもSageMakerのノートブックインスタンスにおいてJupyterLabはベータ機能として使えていました。

そのJupyterLabがついに正式機能として使えるようになりました!

やってみる

まずノートブックインスタンスを立ち上げます。 マネジメントコンソールでSageMakerのページを開き、左側のメニューからノートブックインスタンスのページへ行き、ノートブックの作成を行います。 作成の際にJupyterLab専用のオプションがあるわけではなく、これまでと変わらない方法で立ち上げたノートブックインスタンスからJupyter NotebookとJupyterLabの2つを開くことができます。

ノートブックインスタンスの起動が完了すると、2つのアクションボタンが表示されます。

  • 開く Jupyter : これまでと同様のJupyter Notebookを開きます。
  • 開く JupyterLab : JupyterLabを開きます。

JupyterLabの方をクリックすることで、JupyterLabを開くことができます。

ベータ版からの変化

バージョンが2018/11/30現在最新のもののようです。 ベータ版の際にはJupyterLabのバージョンもまだベータの時のバージョンでしたので、何気に嬉しい変化です。

デフォルトでGitと連携する拡張機能が入っています。

リポジトリがある場合は以下のような感じで表示されます。ここからコミットなどのリポジトリ操作が行えます。

Amazon SageMaker Examplesのノートブック一覧もあります!

さいごに

Amazon SageMakerのノートブックインスタンスでJupyterLabが正式に使えるようになりました。タブやエディタ機能、ダークモードなどのJupyterLabのデフォルトの機能に加えて、Gitと連携した拡張機能も入っています。SageMakerでの実験生活がより快適になるのではないでしょうか。

最後までお読みくださりありがとうございました〜!