初心者向け『チュートリアル: Amazon EC2 インスタンスの状態の変化をログに記録する』をやってみた

大阪オフィスのちゃだいんです。

手を動かして学ぶために、公式ドキュメントのチュートリアルをやってみました。

今回は、CloudWatch Events です。とっても簡単なものをやってみました。

チュートリアル: Amazon EC2 インスタンスの状態の変化をログに記録する - Amazon CloudWatch Events

このチュートリアルの例では、Amazon EC2 での状態変化通知を CloudWatch Logs に記録させるルールを作成します。

前提条件

今回は、特に何もありません。

早速やってみた

CloudWatch Events Rules を作成する

  • まずは、マネジメントコンソールを開きます

  • 左側ナビゲーションペインからRulesを選択し、Create ruleへ進みます

  • Event Sourceには以下の通り選択します
    • Event Pattern
    • Service Name : EC2
    • Event Type : EC2 Instance State-change Notification

  • 次に、Targetsには以下の通り入力します
    • Add Target : CloudWatch log group
    • Log Group : aws/events/tutorial

  • Configure detailsを選択します

  • Rule definitionにて、Name とDescription を入力し、Create ruleで作成完了です

  • Rulesのトップ画面には以下の通り作成した Rule が確認できました。

テストする

  • EC2を起動させてから、停止してみます。

  • EC2コンソールにて、1台停止させてみました。

  • 早速、CloudWatch Logsのコンソールを見に行くと、作成したロググループの中に、ログがありました。

  • 詳細を見ると、以下の通りちゃんとEC2のステータスの変化が記録されていました。
{
    "version": "0",
    "id": "1d92b6ff-8a9d-f62b-c102-443e12e4d552",
    "detail-type": "EC2 Instance State-change Notification",
    "source": "aws.ec2",
    "account": "123456789012",
    "time": "2019-10-14T06:32:32Z",
    "region": "ap-northeast-1",
    "resources": [
        "arn:aws:ec2:ap-northeast-1:123456789012:instance/i-0aae7fd3a415a6adf"
    ],
    "detail": {
        "instance-id": "i-0aae7fd3a415a6adf",
        "state": "stopped"
    }
}

感想

恐ろしく簡単なチュートリアルをやりました。Event Source側、Target側も大変多くの選択肢があるので、これから色々試してみたいです。

どなたかの参考になれば幸いです。それではまた、大阪オフィスのちゃだいんでした。