[アップデート]Amazon ComprehendのAPIコールがCloudTrailに記録されるようになりました

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは、中村です。
Amazon Comprehend is now Integrated with AWS CloudTrailでアナウンスがあったとおり、Amazon ComprehendのAPIコールがCloudTrailに記録されるようになりました。

確認してみる

CloudTrailには、Amazon Comprehendの下記APIが記録されます。

  • CreateDocumentClassifier
  • CreateEntityRecognizer
  • DeleteDocumentClassifier
  • DeleteEntityRecognizer
  • DescribeDocumentClassificationJob
  • DescribeDocumentClassifier
  • DescribeDominantLanguageDetectionJob
  • DescribeEntitiesDetectionJob
  • DescribeEntityRecognizer
  • DescribeKeyPhrasesDetectionJob
  • DescribeSentimentDetectionJob
  • DescribeTopicsDetectionJob
  • ListDocumentClassificationJobs
  • ListDocumentClassifiers
  • ListDominantLanguageDetectionJobs
  • ListEntitiesDetectionJobs
  • ListEntityRecognizers
  • ListKeyPhrasesDetectionJobs
  • ListSentimentDetectionJobs
  • ListTopicsDetectionJobs
  • StartDocumentClassificationJob
  • StartDominantLanguageDetectionJob
  • StartEntitiesDetectionJob
  • StartKeyPhrasesDetectionJob
  • StartSentimentDetectionJob
  • StartTopicsDetectionJob
  • StopDominantLanguageDetectionJob
  • StopEntitiesDetectionJob
  • StopKeyPhrasesDetectionJob
  • StopSentimentDetectionJob
  • StopTrainingDocumentClassifier
  • StopTrainingEntityRecognizer

実際にAPIコールし、表示されるか確認してみます。 ComprehendのダッシュボードでAPIコールができます。Real-time analysisでサンプルを分析したり、コンソールで操作可能なものを触ってみます。通常CloudTrailは、APIコールから15分程度でイベントを送信します。

CloudTrailのダッシュボードからイベント履歴に移動します。Amazon Athenaで高度なクエリを実行しますをクリックし、テーブルを作成します。

下記のクエリを実行しましょう。先ほどダッシュボードで操作した内容が記録されているはずです。

SELECT * FROM "default"."cloudtrail_logs_xxxxxxxxx" WHERE eventsource = 'comprehend.amazonaws.com' AND awsregion='eu-west-1' limit 10;

このような形でAPIコールの証跡を追うことができます。

まとめ

CloudTrailに記録されるサービスが増えました。またAthenaを使うことで効率よく検索できます。 Comprehendに日本語が対応することでどんどん利用シーンが増えると思うので、CloudTrailを利用して可視化できるようにしておきましょう。