AWSのベストプラクティスを1000件以上の事例から独自に紹介!Developers.IO 2018 #cmdevio2018

106件のシェア(ちょっぴり話題の記事)

当ブログを運営するクラスメソッドによるエンジニアのお祭り「Developers.IO 2018」。今年は10月5日(金)秋葉原にて開催です。このイベントに先立ち、登壇者のコメントなどさまざまな角度でコンテンツ情報を先出しして連日ご紹介します。

今回はそのシリーズ第2弾として、イベントで「1000件以上の活用を見てわかった絶対に失敗しないAWSベストプラクティス」をテーマに話すクラスメソッドAWS事業本部コンサルティング部・シニアソリューションアーキテクト菊池修治からのコメントを掲載。菊池はAWS導入支援やコンサルティングを行なっています。

AWSのベストプラクティスを1000件以上の事例から紹介

本セッションではクラスメソッドの導入支援実績に基づき、AWSにおけるシステム設計のベストプラクティスを紹介します。最適な設計の指針となるAWS Well-Architected Frameworkをベースに、セキュリティ・信頼性・コスト・パフォーマンス・運用といった非機能要件にどう向きあうか、どのように対応すべきかをクラスメソッドが積み重ねてきた1000件以上の事例とAWSの最新情報をもとにお伝えします。

当社のAWS導入支援では、お客様から「オンプレミスと比較してどのように設計していいかわからない」「今までなんとなくAWSを使ってきたけれど、これでいいのかよくわからない」という声が数多く聞かれます。そういった悩みに対し、AWSを最大限に活用するための視点としてAWS Well-Architected Frameworkがあります。
こちらをもとに、AWSを使う上で共通して持っていてほしい考え方を紹介します。これからAWSの利用を検討している方や、すでにAWSを活用していてより上手にAWSを使っていきたい方はぜひお越しください。

10月5日は秋葉原UDXへ!

AWSのベストプラクティスをお伝えするセッション「1000件以上の活用を見てわかった絶対に失敗しないAWSベストプラクティス」は、10月5日(金)11:00〜11:40に秋葉原UDXで行います。ぜひお聞き逃しなく!

※当日はどのセッションも満席近い状況が予想されます。立ち見となる場合もございますが、あらかじめご了承ください。

お申し込みはこちら
プロモーションコード”devio2018”を入力すると1000円オフ!

*他のスピーカーやセッション紹介は「Developers.IO 2018を徹底的に楽しむ」シリーズ記事一覧