[レポート] aiboの心はAWSの中にある?(RoboTech) JAWS DAYS 2018

136件のシェア(ちょっぴり話題の記事)

ども、大瀧です。 日本のAWSユーザーグループであるJAWS-UG主催イベントJAWS DAYS 2018のセッション「aiboの心はAWSの中にある?(RoboTech) 」に参加しましたので、そのレポートを紹介します。

開始前に会場前方にaiboが放たれる、途中からセクションナイン吉田さん所有のaibo(イギーちゃん)も乱入

スピーカーはソニーの森本さんです。

aibo

  • aibo
    • 2017.11.1プレス、2018.1.11発売
    • 自律的に人に寄り添うプロダクト
  • センサたくさん
  • 目が有機EL
    • アクチュエーターもたくさん
  • アプリ、クラウドの3つで成り立っている

    • 「意識思考はクラウド上にある」
    • My aibo

aiboプロジェクト

  • はじまりは突然、開発のきっかけ
  • 企画チームの人が現れて「クラウド機能くれ」、クラウドで何する?
  • HowはAWS一択
    • ビジネスサイド(スモールスタートしたい)とエンジニアサイド(サーバーレス/DevOps)それぞれの理由
  • 設計コンセプト

    • LTE搭載
    • クラウドがマスター
    • ペアリングせずに全てクラウド経由で

AWS IoT!

  • デバイス認証機能が嬉しい。が、証明書どうする?
  • 工場出荷時点で証明書配置、LTEも設定済み
    ゼロコンフィグを実現!!
  • MQTTメッセージブローカーのみ、榎並さんからはGG入れてよというリクエスト

スマホとの紐づけ

  • IDの紐づけ、超大変
  • AWSでできた!(それだけじゃないんですけど。。。

    • ソニーストアとはAPI、優秀なバッチがストア側システムにあった
  • サーバーレス構成がメイン、あとAWS IoT、AI/分析周りでRedshiftもある

開発チーム構成

  • ざっくりガイドラインを決めて取り組んだ
  • 中の実装は関与しなかった。チーム毎に言語/フレームワークは異なる
  • マイクロサービスに見立てて連携
  • CI/CD
    • 定番構成 + ROCROを活用して品質保持
  • リリースから2ヶ月経ち、データも溜まってきたからこれから成長させていきたい

感想

愛らしい新世代のaiboはAWSクラウドを活用したIoTロボットでした。その衝撃はもとより、システムの規模、サーバーレスの活用などその先進性にも驚かされました。 今後の機能強化にも期待ですね。というか、aibo欲しくなりました。