はじめてのAmazon Lex

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは、中村です。
最近ChatBotの調査をしています。
今日はAmazon Lex(以下、Lex)を触ってみようと思います。

Lexとは

Lexは、音声やテキストを使用した会話型インターフェイスを構築することができるサービスです。
コンソール上で簡単に作成が可能であり、他のサービスとの統合も容易とのことです。
今回は、簡単な予約Botを作成してみます。

Lexは2018年4月5日現在、日本語未対応のため英語のChatBotになります。

予約Botを作成

Bot name等は、下記のように指定します。
予約に必要なSample utterances・Slots・Responseのみ設定します。

Sample utterances

Sample utterancesとは、ユーザーの発話例です。
ユーザが予約を開始する際に話しそうな言葉を入力します。
今回はこちらを入力しました。

Slots

Slotは、ユーザーのリクエストの達成に必要な情報です。
この予約Botでは、ユーザーに日付・時間・人数を入力してもらう必要があります。
汎用的なSlot typeについては、Amazonがすでに定義しており精度が一番高いです。

項目 Slot Name(Slot type)
日付 Date(AMAZON.DATE)
時間 Time(AMAZON.TIME)
人数 People(AMAZON.NUMBER)

Slotが埋まっていない場合は、埋まっていないSlotのPromptに指定されたものが返されます。
PromptにはそのSlotを埋めるための文を指定します。

Slotが埋まるとResponseに定義したメッセージが送信されます。

ここまでで一通りの設定が終了です。
"Build"をしてみましょう。 完了メッセージが表示されたら実際にテストできます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
簡単に構築ができるので、なおさら日本語対応が待ち遠しいですね。
次回はもっと細かい他サービスとの統合部分を調査してみようと思います。