あまり有名ではない Emacs のオススメ設定

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

Emacs はいいぞ

先日公開された弊社清水さんの記事に触発されて、私も Emacs の記事を書きたくなりました。

今回は私が設定している項目の中からあまりメジャーではない(と私が思っている)ものを紹介します。

1. リージョンに上書き

この設定を行うと、リージョンを選択した後に文字入力やヤンク(ペースト)をした場合、それらの文字が上書きとなって入力されます。
削除するために C-d を実行する手間が省けるため、オススメです。

(delete-selection-mode t)

2. 検索文字列削除

C-s or C-r での検索中に検索文字を削除する設定です。

(define-key isearch-mode-map (kbd "C-h") 'isearch-del-char)

isearch-mode 中に C-h を isearch-del-char コマンドに割り当てています。
キーバインドは使いやすいようにカスタマイズしてください。

3. カーソルを固定したままスクロール

カーソル位置を動かさずに画面をスクロールする設定です。
「動きたくないけど見たい」って時に使えます。

(global-set-key (kbd "M-n") (lambda () (interactive) (scroll-up 1)))
(global-set-key (kbd "M-p") (lambda () (interactive) (scroll-down 1)))

4. バッファ切り替え色々

バッファの「戻る」と「進む」です。
キーバインドはウェブブラウザのショートカットに合わせています。

(global-set-key (kbd "M-[") 'switch-to-prev-buffer)
(global-set-key (kbd "M-]") 'switch-to-next-buffer)

こちらは自作した「直前のバッファに切り替え」のコマンドです。
Vim のキーバインドに合わせています。

(defun switch-to-just-before-buffer ()
  (interactive)
  (switch-to-buffer (other-buffer)))

(global-set-key (kbd "C-^") 'switch-to-just-before-buffer)

5. backward-kill-word のキルリングに入れない版

単語の後方削除で、その単語をキルリングに入れないようにする設定です。
こちらは Emacs Wiki に書かれていたものの引用です。

(defun delete-word (arg)
  (interactive "p")
  (delete-region (point) (progn (forward-word arg) (point))))

(defun backward-delete-word (arg)
  (interactive "p")
  (delete-word (- arg)))

(global-set-key (read-kbd-macro "M-h") 'backward-delete-word)

6. マークした場所に一瞬で戻る

最後です。
おそらくこれが一番マイナーです。
なぜなら私が作成したパッケージだからです。

quick-back - GitHub

インストール方法は GitHub の README に書かれていますので、そちらをご覧ください。

(global-set-key (kbd "C-M-'") 'quick-back-mark)
(global-set-key (kbd "C-'") 'quick-back-jump)

上記の設定を行うと C-M-' でマーク、C-' でジャンプとなります。
マークを実行するとそのバッファのその位置が記憶されます。
ジャンプを実行すると現在の位置がマークした箇所に切り替わります。
また 2 回連続ジャンプを実行するとジャンプ元に戻ります。

「移動したいけどすぐまた戻ってきたい」という時に便利です。
ぜひ使ってみてください。

リンク

ミレニアム・ファルコン製作日記 #9

9 号 表紙

mfd_9_1

パーツ

mfd_9_2

mfd_9_3

mfd_9_4

成果

mfd_9_5

mfd_9_6

mfd_9_7

mfd_9_8

今回の作業は以下の 3 つでした。

  • コクピット照明の確認
  • コクピットに外装を仮組みする
  • 連絡チューブにディテールアップパーツを取り付ける

コクピット照明の確認では、単三電池 4 本をバッテリーボックスに入れ、スイッチを ON にして照明がつくことを確認しました。
最初はスイッチを ON にしても LED ライトが付かず、ものすごく焦りましたが、よく見たら電池がちゃんとハマっていませんでした。
落ち着け。

外装の仮組みでは、コクピットと連絡チューブを取り付けました。
接着作業は後の号で行います。

連絡チューブのディテールアップでは、第 6 号で提供された小さなパーツを接着しました。
写真ではわかりづらいですが、合計 11 のパーツを接着しています。
こういう作業が楽しい。

今回でコクピット周りがかなり出来上がってきました。
チューイの喜ぶ顔が脳裏に浮かびます。

ということで、「ずっとチューバッカのターン」な動画を置いておきます。

それではまた次回。

May the Force be with you!