第7回Akiba.BoardGameを開催しました

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

クラスメソッドボドゲ部では月に1回のペースでボドゲ会を開催しています。
興味のあるかたは、ぜひ気軽に参加してください。来年1月にも開催を予定していますので、お待ちしております(宣伝)

と、いう訳で、
12/21(木)、今年最後になる第7回Akiba.BoardGameを開催しました。
諸事情で11月開催は出来なかったので久しぶりの開催です✨

どんなゲームで遊べるの?

クラメソボドゲ部では会社所有やメンバー所有のボードゲームリストを公開しています。

ボドゲリスト | Google スプレットシート

※ 最近、更新をサボってますが、冬休みに追記を頑張ります(。ŏ﹏ŏ)

もし、気になるのとか遊びたいものがあれば、Twitterなどで予めコメントいただけるとボドゲ会に用意しておくので、お気軽にどうぞ。
また、ボドゲ初心者の方で、どんなので遊んで良いか分からないという方も、ボドゲ愛にあふれる部長の亀井さんが親切丁寧にオススメのボドゲを紹介してくれます。

第7回Akiba.BoardGameの様子

毎回、ゲームをいくつかチョイスして置いております。

今回は全体的に色味が地味かもしれない。。。

以下は実際に遊んだゲームです。

バイバイレミング

倍になる数値を出していくカードゲーム。倍とバイバイと掛け合わせている。。。のかな。。。 同じ特徴(その数の倍数)を出していくゲーム。基本的にいま出ているカードよりも大きい数しか出せないけど、その倍数の一番小さい数は、いつでも出すことができるし、連続した倍数のカードを出すと、即座に場が流れるからタイミングが悩ましかったり。。。

バイバイレミング|GameMarket

テストプレイなんてしてないよ

このゲームは、個人的に大好きです。何だろう、ノリと勢いに全てを任せてガーッと行く感じ?
人生の中で「創英角POP体最高!」って叫ぶ機会なんて、このゲームをやってなかったら一生来なかったと思う。 (なんか、ゲームの説明に全然なっていないな。。。)

SNEわんぱくゲームラボ 2017年10月号「テストプレイなんてしてないよ」

勇者対策会議

魔王軍になってみんなで協力して勇者を倒しつつも、出世争いをするゲーム。 最後の手札とトドメポイント(ひとりだけ)を合計した数が多い人が勝ち。

勇者を倒さないと、でも強いモンスターを手札に入れとかなくてはと悩みどころも多かったです。 また、強いカードを確保していても他の人にカードを取られたりと中々上手くいかず、ほど良い感じのジレンマでした。

あと、キャラクターがかわいい。

勇者対策会議|GameMarket

アンユージュアルサスペクツ

親プレイヤーだけ知っている犯人を12人の容疑者候補から見つける協力ゲームです。 親は質問カードの内容、例えば「犯人はSF小説は好きですか?」的な質問を顔だけ見て○か×で答えます。 犯人じゃないなと思ったカードを裏返しにしていき、最後に犯人が残れば勝利です。

もう、完璧フィーリングの世界です。この人、ご近所付き合い悪そうとかとか人の顔だけ見てあれこれ言います。主観入りまくりです。

今回の結果は2連勝のあとの3連敗でした。最初は調子が良かったのだけどな〜

アンユージュアルサスペクツ(新版・日本語版)|テンデイズゲームズ

Sheriff(ノッティンガムのシェリフ)

とりあえず、箱のおっさんが悪そう

商人と手荷物検査官に分かれて、順番に検査官をやっていく。 商人となって商品を仕入れるのだけど、検査官に非合法品を仕入れているのが見つかるとペナルティが発生する。

「りんご1枚で手を打ちましょう〜」「パンをあげるから通して〜」「ワインと2金くれたら良いよ〜」など検査官に対しての賄賂の応酬が発生してました。

Sheriff of Nottingham|BGG

LaBoca

対面に座って片側の配置図を見てブロックを置くゲーム。

空間把握能力が試される感じかもしれない。久しぶりにやったらボロボロでした。残念。リベンジしたい。

ゲーム紹介:ラ・ボカ / La Boca|すごろくや

さいごに

今回参加していただいた方々ありがとうございましたー。とても楽しかったです。 また、ご都合が合えばぜひ参加してくださいね(ㆁωㆁ*)