書評「Amazon Alexaプログラミング入門」を読んで

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

オッス!オラ、もきゅりん。

何だかちょっと自分で自分のキャラ設定よくわからなくなってきているぞ!

ま、いっか。

早速だけど、うちの嫁さんがノリでAlexa購入したこともあって、何か出来るかな、

なんて興味関心から読んだから書評するぞ!

結論

この分野初めてましての人が、

短時間で、

大枠を把握できる

内容としては悪くないんじゃないかな?

(でもオラも初心者なので、良し悪しの比較しようがないんだけどな!ワリィな!)

ただ、これまで開発とかしたこともないような人が、よーしアレクサ使って○○○すっか!なんて、

触っても多分どうしようもねえぞ!(そんな人はそもそも買わねえか)

良いところ

  • 基本的に手順に写真掲載されており、サンプルコードの解説があるので親切だったぞ

  • 説明に図が豊富に挿入されているから頭に入りやすいぞ

  • 薄い本だから、数時間程度でざっとスキルの作成から公開まで大まかに一通り体験できるのは嬉しいよな

本の内容および与件

Amazon Alexaプログラミング入門

本の構成

  1. Alexa誕生の背景とスキル作成手順と作成のための考え方
  2. ローカル開発環境の構築(Node.js)
  3. DynamoDBを利用したステートフルなスキルの作成
  4. スキルと他システムとの連携例. アカウントリンクを使ったFacebookとの連携

この本が想定する読者対象

Alexa対応デバイスを使って独自の機能を開発したいというエンジニア。

(必要だと思われる)前提知識

  • JavaScript
  • Node.js
  • Lambda

現在、自分が持っているこの分野の知識

  • なし

  • AWSの基本的なサービス。

オラが期待していたこと

  • とりあえずAlexaってどんなことが出来んのか、作成するにあたり、どうやって進めるのか掴むこと

  • 何か楽しく作ってみること

  • 初期導入としての足場作り

  • 今後自分で何か作ってみたいときに何となく検討がつけられること

期待と読後のギャップ

=> ほぼ乖離はない

個人的な雑念

  • サンプルコードがDL出来たらより嬉しかったナー