Mac ChromeユーザのSafari移行ガイド

125件のシェア(ちょっぴり話題の記事)

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

最近、社内チャットでMacでGoogle Chromeが激重という話題が定期的に出ています。 気付けばメモリ不足になっていて、Chromeを再起動すればある程度解消されますが、タブを開いていくとどんどんメモリを食うんですよね。 理由はどうもタブ毎にプロセスを立ち上げているからのようです。 たまに仕事にならないことにもなるので、本格的にSafariへの移行を検討しています。 というわけで、同じような人がいるかもしれませんので、(主に弊社スタッフ向けの)移行ガイドです。

なお、ここもこうした方がいいよ的なトピックがあれば、コメント欄ででも教えてください。 皆さんのノウハウも集めて記事を成長させていきましょうメソッドですw

ブックマークの同期

ChromeだとGoggleアカウントで同期でしたが、SafariならばiCloudで同期、当然の帰結です。 システム設定の「iCloud」を開き、Safariにチェックを入れてください。

safri_bookmark

デフォルトフォントの設定

Safariのデフォルト設定はまさかの明朝体です。 ゴシックでないと落ち着かない人はデフォルトのフォントを変更する必要がありますが、それらしい項目がありません。 調べたところ、スタイルシートで設定するというのがSafari流のようです。 うちらの業界ならば自然に受け入れられますが、一般の人にとってこれはどうかな...って気がしますね。 ヒラギノ角ゴシックにするならば、次のようなスタイルシートをテキストエディタ等で作成し、Safariの「環境」メニューの「詳細」タブで設定します。

@charset "utf-8";
* { font-family:HiraKakuPro-W3; }

safari_font

デフォルトエンコーディング

Safariのデフォルト設定はまさかのShift JISです。 UTF-8にしておきます。 Safariの「環境」メニューの「詳細」タブで設定します。

safari_encoding

開発メニューの表示

インスペクタやJavaScriptのデバッグは必須ですよね。 開発メニューを有効にしておきます。 これも、Safariの「環境」メニューの「詳細」タブで設定します。

safsri_developerstool

1Password

1PasswordのSafari拡張は、こちらからインストールできます。

Google Hangout

Google HangoutはSafari用のプラグインが提供されていますので、インストールすれば利用できます。

TweetDeck

Chromeからの移行で一番のネックはGoogle拡張です。 TweetDeckはApp Storeからインストール出来ました。 スタンドアロンアプリとなりますが、どちらにせよタブを切り離して利用することが多いので問題ありません。

Tweetdeck

デフォルトブラウザの設定

最後にデフォルトブラウザをChromeからSafariに変更します。 Macのデフォルトブラウザの設定は、なんとSafariで行います(笑) Safariの「環境」メニューの「一般」タブで設定します。

default_browser

SafariではCookieの設定がChromeとは少し異なります。 デフォルトではCookieが「知らないサイトや広告」をブロックする設定になっています。 このため、一部のサイトでCookieが保存できないケースがあるようです。 広告なども含めてCookieをすべて有効にするのであれば、Safariの「環境」メニューの「プライバシー」タブでブロックしないように設定を変更してください。

safariCookie

  • kishikawa katsumi

    私は主にSafariを使っていますが、Safariだとタブをたくさん開いても軽いということは全然ないです。Safariはメモリを贅沢に使うので悲鳴をあげるのはSafariの方が早い感じですね。

    常にタブをたくさん開く使い方ならFirefoxは起動した直後はデフォルトでアクティブなタブしかロードしないので、ただ終了して再起動すれば軽くなるので良いかもしれません。

  • 小野博和

    私もすいませんマック本来のSafariも重いかな。。。等と若干(Apple様すいませんどうも)。それと例の「今どき今更今もって(?)」、のあのフラッシュ、(これ叉Adobe様誠に申し訳ございませんがどうも!)もまた、

    やはりSafariの場合も変わらず(=他と同様色々様々 and/or これまで同様何かと)あったと言う風にも、感じられておりました。