【英語】re:Invent2018に向けて〜入国編〜 #reinvent

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

どうも、福岡のmeです。
来たるre:Invent2018まで二週間を切り、みなさんそわそわしているのではないでしょうか。

今回は入国編と題して入国時によく聞かれる質問や、知っておくと便利な構文をまとめたので困った時に思い出していただけたら幸いです。

入国審査

だいたいいつも同じことを聞かれます。

質問の意図としては:
① 不法滞在、労働するつもりがないか
② 違法な物や申請が必要なもの(肉、植物、薬物、百万円を超える現金)を持ちこんでいないか

を確認するためのものですので帰りの航空券の提示とre:Invent2018に参加しにきたよと言えば大丈夫でしょう。 持ち込みに制限があるものに関しては最後の方でふれます。

質問例

・How long are you going to stay in the US? (どのくらいアメリカに滞在する予定ですか)
・What's the purpose of your visit? (何しにきましたか)
・Where are you staying at? (どこに滞在予定ですか)
・Is this your first time visiting the US? (アメリカに来るのは初めてですか)
・Do you have any meat/plants/illegal drugs? (肉/植物/違法薬物を持ち込んでいますか)

どのくらいアメリカに滞在する予定ですか

Q: How long are you going to stay in the US?(どのくらいアメリカに滞在する予定ですか)
A: About a week. / I will stay here until December 1. (一週間くらいです。/ 12/1までいます。)

補足: 日付や滞在日数で答えればOKです。 別の言い回しで:
”How long are you staying here for?” (どのくらい滞在する予定ですか)
”When are you leaving?” (いつ帰りますか?)
などありますが、”How long〜”が聞こえたり、なんとなく滞在期間を聞かれてるかな?と思ったら
”I will stay here for a week.”と答えるといいでしょう。

何しにきましたか

Q: What's the purpose of your visit?(何しにきましたか)
A: I'm here to attend a tech conference/re:Invent2018. (技術カンファレンス/re:Invent2018に参加するために来ました。)

補足: だいたい”purpose”という単語が出て来るので、何を聞かれているかはわかりやすいと思います。
Anything else? (他には?)と促された場合はSightseeing(観光)、 Shopping(買い物)、 Casino(カジノ) などと答えるとよいかと思います。

どこに滞在予定ですか

Q: Where are you staying at?(どこに滞在予定ですか)
A: A hotel in Las Vegas. (ラスベガスのホテルに泊まります。)

補足:どこに泊まるの?はよく聞かれるので、滞在する街とホテルに泊まる旨を一緒に伝えるとスムーズです。

アメリカに来るのは初めてですか

Q: Is this your first time visiting the US?(アメリカに来るのは初めてですか)
A: Yes, it is./ No, I have been here before. (はい、初めてです。/いいえ、前にもきたことがあります。)

補足:前にきたことがありますと答えた場合は”いつ何しにきたの?”と聞かれると思うので準備しておくとよいでしょう。

違法薬物を持ち込んでいますか

Q: Do you have any meat/plants/fruits/illegal drugs? (肉/植物/フルーツ/違法薬物を持ち込んでいますか)
A: No I don't. / No, I don't have any. (いいえ、持っていません。)

補足: *肉製品など、どうしても持ち込みたいものがある場合は申請が必要です。うっかり持ち込んだのが見つかってしまうと、 3〜5万円の罰金が課されます。

以下US政府のWEBからの抜粋:

”生肉、干し肉、缶詰など、どのような肉類もアメリカへの輸入は禁じられており、肉を含む製品も同様です。
”The importation of fresh, dried or canned meats or meat products is generally not allowed from most foreign countries into the United States. This includes products that have been prepared with meat.”

単語集

・Boarding pass :航空券
・Customs/Border Control:税関
・Immigration Center:移民局
・prohibited items:禁止されているもの
・illegal items/drug/substances:違法物質・薬物
・declare/declaration:申請
・animal product:動物性製品
・plants:植物(加工されていない)
・tech/IT conference:技術カンファレンス
・baggage claim:手荷物受け取り所
・domestic flight:国内線
・international flight:国際線
・destination:目的地
・transfer:乗り換え、乗り継ぎ
・firearms:銃
・explosives:爆発物

おまけ:アメリカに持っていけないもの

いい機会なので少し調べてみました。

肉類

肉そのもの、また肉を含む製品(スープの素やブイヨンなど)の持ち込みは全面的に禁じられています。
お味噌汁は大丈夫そうですがカップラーメンはダメですね。Nissinのカップヌードルなら現地のコンビニで買えるので心配いりません。

フルーツと植物

空港のゲートを通った後で買った果物など、シールなどが貼ってあり原産国がはっきりとわかるもの、かじったりしていないものは持ち込んでもいいようですが、 特別持って行きたい場合をのぞいては余計なトラブルを避けるため持って行かない方が良いでしょう。

お米

私も初めて知ったのですが、お米もダメな場合があるようです。(以下米国政府のWEBサイトより引用)
”Because rice can often harbor insects, it is best to avoid bringing it into the United States. ”

罰金について

”Note: The civil penalty for failing to declare agricultural items at U.S. ports of entry will cost first time offenders $300. The penalty for the second violation goes up to $500. To avoid receiving a penalty all agricultural items and present them to Customs and Border Protection for inspection so that an agriculture specialist can determine if it is admissible.”

肉やフルーツの場合:”初回$300、2回目以降は$500の罰金”が課せられます。
うっかり持ち込んでしまわないよう気をつけたいですね。

参考リンク集

Bringing meat, poultry or pork/swine products into the U.S.

Prohibited and Restricted Items