セミナー「基幹システムもAWSで!事例で学ぶ高可用性システムのAWS移行」を開催致しました!

まいど、大阪の市田です。

先日(2017年7月19日)、サイオステクノロジー様との共催イベントを行いました。 クラスメソッドからは、「AWSでの情報システムの可用性確保ポイント」 というセッションを発表しました。

7/19(水) 大阪で「基幹システムもAWSで!事例で学ぶ高可用性システムのAWS移行」を開催します。

発表スライド

セッション概要

まず最初にAWSの各サービスについて分野別に簡単に説明させて頂きました。 これは、可用性のあるシステムをビルディングブロック方式で設計する際に、必要な前提知識になる為です。

その後に、改めて「可用性とは何か?」を振り返り、AWSにおける可用性の考え方、設計のポイントを紹介させて頂きました。

アジェンダは下記の通りです。

  1. AWSの基礎知識
  2. 可用性とは?
  3. オンプレミスとクラウドの考え方
  4. クラウドの可用性のポイント
  5. まとめ

補足

今回は、弊社の大栗が発表させて頂く予定でしたが、止む得ない都合により急遽、私が変わってお話をさせて頂きました。後半少し駆け足になってしまいましたが、ご不明点等ありましたらお問い合わせ頂ければと思います。

最後に

AWS上の設計を中心にお話させていただきましたが、各種クラスタリングソフトも試していきたいと思います。

以上です。