#cmdevio2016 (レポート: F-1) 趣味でBlackJumboDogを作ったMicrosoft MVP が、iPhoneアプリ開発者になった話 〜定年自衛官がJOINしました〜

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

1 はじめに

2016年2月20日(土)に開催した弊社主催イベントDevelopers.IO 2016において、「趣味でBlackJumboDogを作った Microsoft MVP が、iPhoneアプリ開発者になった話 〜定年自衛官がJOINしました〜」というタイトルでお話しさせて頂きました。

使用したスライドは、以下です。

2 概要

私は、昨年末、陸上自衛隊を定年退職し、今年1月(先月)にクラスメソッド株式会社に入社致しました。

iPhoneアプリ開発を希望してJOINしましたが、実は、私、モバイルアプリの開発経験はありません。

セッションの中では、「どうして、この会社へのJOINを決めたのか」また、「どうしてモバイルアプリの開発者を目指したのか」などについてお話しさせて頂きました。

また、もう20年以上継続して公開している「BlackJumboDog」というフリーソフトについてや、今年、4年目となったMicrosoft MVPについて、また、ソフト屋が挑戦した電子工作などについてもお話しさせて頂きました。

3 伝えたかったこと

「プログラマ*歳定年説」 もう、最近はあまり触れられていないかも知れませんが・・・

この業界は、進歩・変化が激しく、もしかすると、若いエンジニアの方々は、「いつまで、この仕事続けられるんだろう」「このまま行くと将来どうなるんだろう」「何に軸を置けばいいのだろう」というような、モヤっとした心配がある方もおられるのでは無いでしょうか。

立派な人の成功体験では無く、普通の底辺の年配エンジニアが、この歳になっても、変化を楽しみ、新しいものを追いかける姿を晒すことで、 未来をイメージする時に、悪い見本の一つとして活用していただければ嬉しいです。

4 最後に

能力の限界はあるが、年齢の限界はまだ感じない。