【Degu】DeguとPCと接続してハマったことメモ

こんにちはCX事業本部のさかじです。 今回はDeguをPCへ接続してシリアルコンソールから操作した時にハマったことをまとめました。

Deguとは?

Deguは、メッシュネットワーク対応のIoTセンサーの設計に必要となる回路図や部品表の他、OSをはじめとした基本ソフトウェアやドキュメントなどの開発情報をGitHub上で公開するオープンソースプロジェクトです。Deguセンサーでは、200種類以上のセンサーやアクチュエータを展開するGroveモジュール(Seeed株式会社が推進)の中から目的に合ったものを選択して試すことができます。また、Deguセンサー上で前処理済みのデータをAWSにアップロードすることで、AWS上の機械学習や深層学習(ディープラーニング)などさまざまなサービスでセンシングデータをすぐに活用でき、IoTシステム全体の効率的な運用が期待できます。

Deguの詳細情報 https://open-degu.com/
プレスリリース クラスメソッド 、AWSを活用したIoT開発支援においてIoTセンサー技術「Degu」を採用

環境

  • Windows 10 (Linuxでも可)
  • Tera Term (Windowsだった場合)

準備

Deguユーザーマニュアル コンソールの利用を参照してDeguへシリアルアクセスできるように準備します。

Degu上のMicroPythonを起動できないパターン

  • すでにmain.pyが保存されていると、MicroPythonは保存されているmain.pyを起動しているためMicroPythoのインタプリタモードは起動できません。
  • シリアルポートでDeguへ接続すると以下のようなエラーが表示されます

Start background micropython process.

  • Deguをシリアルコンソール経由でMicroPythonを使用したい場合には、事前にPCでDeguをUSBマスストレージでマウントしmain.pyを削除してアンマウント、USBケーブルを抜き差しして使用してください。

Degu上にmain.pyが保存できないパターン

  • PCからDeguをUSBマスストレージとしてマウントし直接viなどで直接編集すると、設定によっては「バックアップファイル」「テンポラリファイル」が同じフォルダに作成されます。Deguは非常に小さい容量ですので大きいファイルを書き込むと容量オーバーで書き込みできなくなります。

  • main.pyのバックアップファイルなど複数保存していると、書き込んでいるサイズが大きい場合保存できなくなります。 可能な限りPC上で編集、保存して、Deguへコピーするようにしてみてください。

DeguのUSBマスストレージの容量は16KByteです。この領域はFAT12として使用しています。ファイルシステムを使用していますので、16KByte未満のファイルを作成するように気をつけましょう。

参考サイト

Deguユーザーマニュアル コンソールの利用
Degu技術情報 フラッシュメモリマップ

最後に

簡単ですが、私がハマった内容を書き起こしてみました。エラーメッセージやDeguの制限を気をつける必要があります。今回はエラーメッセージやDeguの資料を確認してまとめました。他に気をつけることがありましたらまたブログにまとめたいと思います。