[HTML5] Google Web Designer #2

ツール

タグツール

タグツールを使用すると、任意のタイプのタグを追加できます。

タグツールを選択して、カスタムアイコンをクリックしてから作成したい要素名を入力すると、選択可能なHTML5タグがオートコンプリートされます。
tag_custom

tag_ul

ドラッグしてulタグを作成してみます。

 

tag_ireko2

選択ツールでulタグで作成したエリアをダブルクリックするとulタグを親としてネストされた小タグを作成できます。
操作としてはadobe社のflashでいうところのシンボルの中に入るイメージに近い感じです。

 

tag_li

親タグ(ul)の中に小タグ(li)をネストしました。li要素を同じようにダブルクリックすることで更にネストすることもできます。

 

tag_code

コードビューにしてソースを確認すると、ulタグの中にliタグがネストされていることが確認できます。

現時点ではアニメーションを伴ったバナーの作成が主体となっているgwdですが、
HTML5コーディングもある程度はグラフィカルなアプローチで行うことができそうです。
ただ、要素を作成するときのドラッグの操作などは思ったように矩形が描けなかったりして、やりずらいです。

ペンツール

pen

ペンツールはAdobeでお馴染みの同ツールと同じ使い勝手です。

pen_code

コードビューでソースを見てみるとcanvasタグが使われています。
このようにペンツールで描画された図形や楕円形ツール、長方形ツール、ペンツールで描かれたオブジェクトなどはcanvasタグが使われるようになっています。

3D

3Dオブジェクトの回転

3d_t1

3d_1

オブジェクトの回転を 3 次元で変更することができます。

 

3D でのオブジェクトの変換

3d_t2

3d_2

目的のオブジェクトの位置を 3 次元で変更できます。

 

3D ビューの変更

3d_t3

3d_3

3Dでの回転、位置の変更を行う際に視点を 3D ビューの方向を変更することができます。
視点の変更なので、プレビューや公開の際に変更を与えるものではありません。

3D回転、位置はアニメーションのパラメータとしても利用できるので表現の幅が広がりそうです。