WWDC18に参加してきます! #WWDC18

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

はじめに

こんばんは! モバイルアプリサービス部の平屋です。

今年もWWDCの時期がやってまいりました!

WWDCとは

毎年6月にAppleが開催する開発者向けのカンファレンスです。

去年に引き続きサンノゼにて6/4から6/8までの期間で開催されます。

近年のWWDCでは主に以下のような発表がありました。

  • 2014: 新プログラミング言語Swift
  • 2015: Swiftのオープンソース化
  • 2016: Siriの開発者への開放
  • 2017: Core ML, ARKitなどの新API追加

Developers.IOでは、毎年WWDCに関する記事を執筆しています。

WWDC18

イベントのスケジュールはWWDCのサイトのページやWWDC公式アプリで確認できます。

例年通り、OSの新機能などに関するセッションのタイトルは以下のような感じになっています。(Keynote後に正式なタイトルに差し替わります) 今年はどんな発表があるのでしょうか?

今年は、クラスメソッドから以下の4名で参加します!

周辺イベント

WWDCに合わせて周辺で関連企業のイベントが開催されのも、WWDCの特徴の一つです。

アプリ

WWDCのスケジュール確認や周辺イベント情報の確認などは以下のアプリで行うことができます。

Facebookグループ

例年、WWDCもしくは周辺イベントに参加予定の人向けのFacebookグループが作成されます。情報交換したり、現地で行動を共にする仲間を見つけたりしたい方はグループに参加してみると良いかと思います!

さいごに

今年もWWDCの様子を随時ピックアップして参りますので、お楽しみに!