[Discovery2019予習] 忙しい人向けSORACOMサービスまとめ

95件のシェア(ちょっぴり話題の記事)

ども、ゲストブロガーのtakiponeです。
7/2(火)開催のSORACOM Discovery 2019は「IoTを超えて」をテーマに、IoTの最新トレンド、数多くのビジネス活用事例を紹介するカンファレンスイベントです。例年SORACOMの新サービスも基調講演内で発表されるのでSORACOMの新しい展開にも要注目です!無料の事前登録で参加できますので、まだの方はぜひ申し込みましょう!

さて、そんな事例や新機能を十分に理解いただくためには、SORACOMサービスを知っておくことが不可欠です。本記事はSORACOM Discoveryの予習として、忙しい方にも読んでいただけるようSORACOM全サービスを短く紹介してみたいと思います!SORACOMのサービスはアルファベット順になっているので、Discovery参加中に知らないサービスが出てきたら、辞書的に本記事を見ていただけると良いかなと思います。 ───それでは行ってみましょう!

SORACOM Air - IoT向けデータ通信

  • SORACOM Airは、IoT向けデータ通信を提供します
  • 3G/LTEのセルラー回線をはじめ、SigfoxやLoRaWANといったIoT向けのLPWAN(新しい通信規格)にも対応します
  • 従量課金モデルでデータ量に応じた最適な利用料金、速度クラスをはじめ回線に関するあらゆる操作がユーザーコンソールやAPIから行える特徴を持ちます

SORACOM Beam - データ転送支援

  • SORACOM Beamは、クラウドなどにデータを転送します
  • デバイスからBeamには軽量なプロトコルでデータを送信し、BeamでTLS暗号化しセキュアな形式で転送できます
  • TCP、UDP、HTTP、MQTTのデータ転送をサポートします
  • たくさんのデバイスの転送先をまとめて管理し、開発→本番といった転送先の切り替えを、デバイスの設定は変更せずにBeamで対応できます

SORACOM Canal - プライベート接続

  • SORACOM Canalは、SORACOM Airのモバイル閉域網とユーザーのAmazon VPCをVPCピアリング接続で接続します
  • デバイスからサーバーまでインターネットを経由しない閉域ネットワークが構築できます
  • SORACOM VPG(Virtual Private Gateway)経由でNATされるため、サーバー→デバイスへの通信にはSORACOM Gate(後述)の設定が必要です

SORACOM Door/Direct - 専用線・仮想専用線

  • SORACOM Door / Directは、SORACOM Canalと同様、デバイスからサーバーまでインターネットを経由しない閉域ネットワークが構築できます
  • SORACOM DoorはVPN、SORACOM Directは専用線でユーザーのサーバーネットワークに接続します。
  • SORACOM Canalと同様、サーバー→デバイスへの通信にはSORACOM Gate(後述)の設定が必要です

SORACOM Endorse - SIM認証・証明

  • SORACOM Endorseは、SIMの偽造が難しい性質を利用しSIMに対応する認証トークンを発行します
  • 発行される認証トークン(JWT形式)をデバイスからサーバーに送信することで、サーバーアプリケーションはトークンを検証し、認証情報として利用できます
  • SORACOM KryptonでEndorseを利用することで、SORACOM Airの3G/LTE回線以外での認証も可能です

SORACOM Funnel - クラウドリソースアダプタ

  • SORACOM Funnelは、デバイスから送信されるデータを対応するクラウドに転送します
  • デバイスからはシンプルなプロトコル(UDP/TCP/HTTP)でデータを送信(クラウドのSDK不要)
  • 接続先や認証情報の変更がユーザーコンソールやAPIから可能
  • 主要なクラウド(AWS/Azure/GCP)やSORACOMパートナーのクラウドサービスに対応

SORACOM Gate - LAN接続サービス

  • SORACOM Gateは、SORACOM Canal/Door/Directに追加で設定しサーバー→デバイスの通信を提供します
  • デバイス同士の通信も提供します
  • サーバー、VPG間はVXLANというトンネルプロトコルを用います

SORACOM Harvest - データ収集・蓄積

  • SORACOM Harvestは、デバイスのデータを受信、蓄積し、簡易的な可視化画面を提供します
  • サーバーやクラウドサービスのセットアップが不要
  • デバイスからシンプルなプロトコル(UDP/TCP/HTTP/SMS/USSD)でデータを送信

SORACOM Inventory - デバイス管理

  • SORACOM Inventoryは、デバイス管理サービスです
  • デバイスの情報を取得・監視したり、遠隔からデバイスを操作できます
  • デバイスで動作するエージェントからLwM2Mプロトコルでデバイス管理サーバーと通信します
  • SIM認証によってシンプルにデバイスを初期登録できます

SORACOM Junction - 透過型トラフィック処理

  • SORACOM Junctionは、SORACOM Airの通信に様々な処理を付加するサービスです
  • サーバーに通信を複製するミラーリング機能、サーバーに通信を転送するリダイレクション機能、通信の統計を解析するインスペクション機能があります
  • ユーザーによる通信の監視や通信処理、統計値の取得が可能です

SORACOM Krypton - セキュアプロビジョニング

  • SORACOM Kryptonは、デバイスからクラウドに接続するための初期設定(プロビジョニング)をセキュアに行うサービスです
  • AWSとSORACOMの対応サービスのデバイス初期登録を代行し、対応サービスの認証情報をデバイスに提供します
  • デバイス製造時の認証情報の配置を不要にします
  • 一度取得した認証情報は通信回線を問わず使用できるため、Wi-Fiなど他の通信回線での利用も可能です

SORACOM Lagoon

  • SORACOM Lagoonは、SORACOM Harvestのデータを参照するダッシュボードを提供します
  • Grafanaをベースに様々なビューをダッシュボードにまとめて表示します
  • ダッシュボードへのアクセスのために任意のLagoonユーザーを追加し、ユーザーが管理できます
  • 特定の値が一定値を超えたときに、メールなどの通知を送ることができます

まとめ

SORACOMの全サービスをかいつまんで説明してみました。当日は以下のセッションで全体的なSORACOMサービスの紹介がありますので、こちらもおすすめです。

  • 9:00〜9:30 M1 モーニングセッション:今だからこそ知っておきたいIoTとSORACOM ~基調講演をより良く理解するために~
  • 13:00〜13:40 I1 SORACOM入門:IoTプラットフォーム SORACOM 全サービスのご紹介
  • 15:00〜15:40 I3 SORACOM入門:IoTプラットフォーム SORACOM 全サービスのご紹介

クラスメソッドはロゴスポンサーとして協賛いただき、CEO横田さんにパネルディスカッションにご登壇いただきます!

  • 15:50〜16:50 C3 特別講演:ゼロタッチ革命 〜変わる買い物体験にみるビジネス変革〜

SORACOMサービスについてもう少しじっくり知りたい!という方には公式ガイドブックという書籍も発売中です。当日は多数の著者が会場内をうろついていると思いますので、著者サインをゲットするチャンスかもしれません!(良かったら声かけてくださいw)というわけで、Discovery 2019の会場でお会いしましょう!!