Alexa関連の33セッションを日本語に訳してみた #reinvent

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

向寒の候, おびただしい落ち葉に、過ぎゆく晩秋を惜しむ今日このごろですが、お変わりなくご活躍のことと存じます、せーのです。
現在私は11/27より始まります「re:Invent 2017」に参加するため、アメリカはラスベガスに来ております。

Alexa関連のセッションが気になる

今回はセッションの数も増えに増えて1000を超える数になりました。その中でもAlexa関連のセッションは、"Alexa"としてひとつのカテゴリとしてくくられており、Amazonの本気度が伺えます。

Alexa事業部としてはどんなセッションがあるのか気になるところです。そこで公式ポータルよりAlexaカテゴリ(接頭詞: ALX)で始まる33セッションについての概要をGoogle翻訳に片っ端からかけ、少し修正して日本語に訳してみました。
英語が苦手な方はこちらの一覧をご覧になって自分の聞きたいセッションに目星をつけ、後日アップされる動画やスライドを見てみてはいかがでしょうか。

Alexa関連セッション

ALX201 - Alexa搭載製品を作成しAlexa Gadgets Developer Toolsを体験する

このセッションでは"Alexa Gadgets"と呼ばれる新しいカテゴリの製品群の裏側にあるテクノロジと、あなたが独自でAlexa搭載製品を作り出したり、「Echoボタン」で動き出すゲームスキルを作成できる開発ツールについて説明します。
登壇者はAlexa GadgetsのGMであり、初期からのAlexa Gadgetsの開発者でもあるMusicplode Media社(Beat the Intro)、Gemmy Industries社(Big Mouth Billy Bass)です。

ALX202 - AVSを使用してあなたのハードにAlexa Voiceテクノロジを連携させる

このセッションではあなたが初めてAlexa搭載製品をマーケットに送り込む際にAVSと一連の開発ツールをどのように使えばよいかを説明します。
このセッションを通じて商用デバイスメーカーは新しいAVS Device SDKを使用していかに素早くマーケットに製品をリリースしているかを学ぶことが出来ます。
エンドユーザーに最高の音声体験をお届けするために、様々な商用グレードの開発キットからどのAudioフロントエンドとクライアントハードを選択すべきかをお教えします。
このセッションでは、ユニークな設計要件に沿って最適化されたAlexa対応音声体験製品を設計するために必要な知識を身に付けることになります。

ALX203 - 音声認識テクノロジはどのようにして教育を新時代に導くか

このプレゼンテーションでは、アリゾナ州立大学のDeputy CIOであるジョン・ローマンとInstrumentのHigher Ed Strategy VPであるJared Steinから、音声技術が新しい時代に高等教育をどのようにもたらしているかについて聞いています。
Alexaのキャンパススキルを使って何百万人もの顧客に教育の提供を再考している新しい方法と革新的な方法で学生にサービスを提供するために、キャンパスとカリキュラムでAlexaを導入する方法を学びましょう。

ALX301 - あなたのAlexa Skillを劇的に変える5つのサービス

最も魅力的なアレクサのスキルには、新鮮なコンテンツ、継続的な改善、パーソナライズされた音声体験があります。 Amazon S3、AWS IoT、Amazon Polly、Amazon API Gateway、Amazon DynamoDBなどのAWSサービスを利用して顧客の体験を向上させる方法を学びます。

ALX302 - AlexaとAWS IoT: 現状の100%にさらに音声を

このセッションでは、Alexaスキルが情報をWebページにどのようにプッシュできるかを示します。
同じ手法で、モバイルアプリケーション、Unity、またはFire TVにデータをプッシュすることができます。
このような方法を使えば、注文入力システムを更新したり、またはダッシュボード、チャットベースのシステム、ゲームコマンドなどを更新するために使えます。
AWS IoTを使用して、Alexaスキルとアプリケーション間の双方向通信チャネルを設定する方法を学びます。また、AlexaスキルがAWS IoTにメッセージを送信する方法、およびHTML / JavaScriptアプリケーションがこれらのメッセージを受信して​​それらに対処する方法についても学習します。

ALX303 - 対話の芸術や科学をAlexaに応用する

私たちは自分たちの言語でコンピュータに話をしただけです。しかし、私たちは私たちの中でそれらとやり取りしています。
私たちは、コンピュータが会話をする世界へと急速に移行しています。そして、多くのアプリケーションで最も自然なやりとりは、話し言葉によるものです。しかし、音声認識と自然言語解析においてまだ不正確なツールを使用して、魅力的な物語的で説得力のある、有機的な会話のやりとりを適切に作成できていますか?
このセッションでは、体験全体を見て、スキルを習得する際に使用できる主要な学習方法を紹介します。聴衆を知る、魅力的なストーリーを作成する、文字のキャストを使用する、ボイスオーバーを統合する、サウンドスケープを設計する、そしてそれらの「魔法の瞬間」を見つけるなどの問題をカバーします。これらのそれぞれについて、私たちはデザインパターン、裏づけのAIまたは生理学、そしてAlexaの経験をどのように実装するのかを共有します。

ALX304 - 開発者の思考を再構築させる人工知能の5つの傾向

AIと会話の面で考えると、Webサービスや顧客体験を構築する方法に変化が生じます。
このセッションでは、Alexaで新しい経験を築く人々と協力しながら、人工知能と会話型UIで現在目にしている5つの傾向について説明します。

ALX305 - インテルとAVSによる遠距離場面音声処理システムの設計

このワークショップでは、Amazon Alexa Voice Service(Amazon AVS)を使用して、ファーストフィールドの音声対応製品を構築する方法を学習します。 Amazon AlexaのIntel Speech Enabling Developer Kitに基づいて、このプロジェクトを構築するために必要なハードウェアとソフトウェアを提供します。
ワークショップでは、クラウドベースのAmazon AVS、Amazon AVS APIおよびクライアントアーキテクチャの基礎、およびIntelのマイクロフォンアレイと音声処理テクノロジを使用したオーディオフロントエンドの設計について説明します。また、国際マーケットでの販売のためにAmazon AVSデバイスを構成する方法も学習します。このワークショップの最後では、Intel Speech Enabling Dev KitにAlexaを使用して、音声対応のプロトタイプを残しています。

ALX306 - Echoボタンを使うゲームスキルの構築

これまでにAlexaでGameスキルを構築し、更に何か新しいものを作りたいと思っていますか?
このワークショップでは、最近開始されたEchoボタンとの魅力的な体験をどのように構築するかについて深く掘り下げます。
このインタラクティブなセッションに参加し、Alexaスキルキットの新しい動的入力モダリティを活用する独自のエEchoボタンスキルを作成してください!ラップトップ、AWSアカウント、Amazon Developer Portalのアカウントを入手してください。

ALX307 - AVS Device SDKを使ってあなたの製品にAlexaを連携させる

このハンズオンでは、AVS(Alexa Voice Service)、Amazonのインテリジェント音声認識および自然言語理解サービスを使用して音声対応デバイスを構築する方法を学習します。
主なトピックには、技術概要、商用開発者向けのAVS開発ツール、AVSで試作するためのヒント、AVS Device SDKを使用して堅牢なC ++クライアントを構築する方法、およびAVSデバイスをテストする方法が含まれます。
接続されたデバイスにハンズフリーの音声サービスを提供するプロセスを理解し、Raspberry PiでAlexa対応デバイスのプロトタイプを試してみてください。

ALX308 - 音声によって基本的に変化する3つのデバイス

このセッションでは、会話型ユーザーインターフェイスを活用することにより、テクノロジを活用する方法が変わった製品を見ていきます。我々は、システムアーキテクチャ、ソフトウェア、およびUXの設計原則を見て、音声優先製品の構築に深く関わっています。接続されたスピーカー、スマートな家庭用機器、車両について詳しく見ていきます。

ALX309 - Top Alexaスキルにみるデザインプラクティス

Alexaが提供する体験は、音声と視覚のインタラクションの融合を提供します。その組み合わせを最適化するには、設計をより良くするための独自の原則が必要です。このセッションでは、Alexaのスキルを習得する効果的な方法と、それを顧客のために働かせるものについて、Alexaとスキルの作成者から聞きます。あなたは、ガイドラインの背後にあるモチベーションと目的、そして良いデザインに使用されるパターンについて深く理解するでしょう。

ALX310 - AlexaとOAuth: Amazon API GatewayをプロキシとしてあなたのAccount linkingと連携させるための設定方法

アカウントのリンクを使用するAlexaスキルを開発したことがありますか? はじめてリンクするアカウントを選択し、その結果に不安になったことを覚えていますか?
私はあの恐ろしいエラーメッセージ「Unable to Link your skill」を最初に見たと思います。時々エラーを見つけようとするのは、乾草の針を探しているようなものです。あなたは手がかりがありません。ほとんどの開発者はOAuthサーバーやサーバーログにアクセスできず、サードパーティのOAuthサーバー(Amazonでのログイン、Facebookでのログイン、Googleとのログインなど)を使用しているか、別のチームOAuthサーバーを操作しています。そのチームと会って、ログレベルを変更したり、ログへのアクセスを要求したりするには数週間かかるか、まったく不可能かもしれません。このセッションでは、Alexa Skills KitとOAuthサーバーの間にHTTPプロキシを設定して、すべてのHTTPトラフィックを取得してログに記録する方法について説明します。ログを分析することで、HTTP URL、クエリ文字列、ヘッダー、および交換されたフルボディを検査できます。 Amazon API Gatewayを使用して、AmazonのAlexa Skills KitとOAuthサーバーの間に置かれ、HTTPプロキシとして機能するように設定します。

ALX311 - Alexaスキル構築のためのDevOpsツール

Alexaスキルは、スキルマニフェスト(公開情報などのスキルのメタデータを定義する)、フロントエンドの音声対話モデル(スキルがユーザーの話し言葉を理解する方法を定義する)、およびバックエンドロジックスキル(スキルがどのように動作したり、ユーザーの要求に応答するかを定義する)、という3つの要素がメインとなって構成されています。
これらの設定とリンクは、難しいことではありませんが、手間がかかり、複数のステップが必要です。最新の反復的なソフトウェア開発は、自動化された継続的な統合、テスト、および展開に関するものです。私たちはしばしば開発者から、「このような手動プロセスを継続的統合パイプラインにどのように統合するのか」と尋ねられます。このセッションでは、これに答えています。このセッションの前半では、Alexaスキルキットコマンドラインインターフェイス(ASK CLI)について説明します。後半では、フォーチュン500のボイスソリューションのサービスを提供するMobiquityのソリューションについて説明します。私たちのCI / CD、SMAPI、Slack、およびその他の自動化技術を利用して何百ものスキルを作成した経験を共有します。

ALX312 - よりパーソナルな体験をするためのAlexa Permissionハンドリング

より良いサービスを提供するために顧客を知ることが重要です。しかし、個人情報を収集する際には、まずセキュリティとプライバシーを考えなければなりません。このセッションでは、Alexaのアクセス権とAWSサービスを活用してアクセスを維持しながらデータを保護し、顧客に個人的な経験を提供する方法について説明します。アレクサのスキルを高めるために、社内チームが開発したベストプラクティスのいくつかを学びましょう。

ALX313 - 音声デザインーあなたがVUIについて知りたいと思っていたが質問できなかったVUIの全て

素晴らしいAlexaスキルは、仕事と娯楽をより簡単に、より速く、より楽しいものにします。
これを達成するには、提供する正しい価値、明確なユースケース、そして顧客体験に焦点を当てるプロセスが必要です。
可能なシナリオやフローから始まり、適切な会話慣行を使用してダイアログに移動し、成功のための計画を立てるためには、自分のアイデアに適用するために必要な手順を明確に示します。このセッションでは、スキルキットの機能と技術力を使ってスキルデザインを表現する方法を理解し、その経験をテストして顧客との成功の可能性を最大限に高める方法について学びます。

ALX314 - AWSを使ったAlexaの分析方法

このセッションでは、サーバーレスのAWSサービス(Amazon DynamoDBとAWS Lambda)に支えられた実用的なAlexaスキルを構築するために使用されるサービスについて説明します。あなたはスキルを裏付ける機能とデータの両方を拡張して、ユーザーの復帰時に前の状態を保つことができます。あなたのスキルは(DynamoDBストリームを介して)使用メトリクスを取得し、Amazon QuickSightを使用してユーザーがスキルとどのように交流しているかを知ることができます。

ALX315 - Alexaスキルテストの自動化

自動テストは、ソフトウェアの品質と機能状態を保証するために不可欠な要素です。テストを自動化する上で最大の課題の1つは、UIとのユーザーのやりとりをシミュレートすることです。 Alexaのカスタムスキルでは、一般的にユーザーは複数ステップの会話を介して対話するため、エンドポイントへのリクエスト/レスポンスフローが発生します。適切な一連のツールとAPIを使用すると、こうしたやりとりを自動化してシミュレーションする複雑さに対処できます。このセッションでは、Alexaスキルエンドポイントに対して実行可能な会話型スクリプトを作成して、スキルの出力を事前定義されたアサーションに対して検証する方法を説明します。この話は、あなたのAlexaスキルのための強力なテスト自動化スイートを構築する方法の実践的な知識を身につけておくことで、新しいスキルが期待どおりに正しく動作するようにし、 。自分のノートパソコンとAWSアカウントを持ってきてください。

ALX316 - Alexa Smart home Skillのバックエンド構築方法

このハンズオンワークショップでは、Alexa Smart HomeのAPIを使用するAlexaのスキルとサポートバックエンドを構築する方法を学びます。このセッションでは、ディレクティブとイベント処理、デバイス検出、エンドポイントメッセージ、および非同期メッセージングを含むAlexa Smart Homeスキルをサポートするための主要サービスのいくつかを実装するソリューションの作成を行います。

ALX317 - Capital Oneはマルチモーダルな音声体験をどのようにして起こし、Echo Showを使ってキッチンに銀行を作り出したのか

昨年、Capital OneはAlexaに参加し、Alexaスキルの成功経験を語りました。以来、スキルベータテストツールやAlexaスキルビルダーなど、Alexa Skills Kit(ASK)のカスタマーフィードバックや新機能の強化を通じて、多くの教訓が得られました。既存のインテントの外でより意味のあるデータセットを使ってAlexaスキルをどのように進化させることができますか?
Alexaスキルキットが組み込まれたライブラリを進化させることで、序数(リスト)と数値の両方をサポートするスキルを作る、とはどういうことでしょう。
どのように卸売コードの変更を必要とせずに新しい仕様を扱うことができますか?
Capital Oneは、TypeScriptのようなプログラミング言語を追加するだけでなく、これらの問題のすべてに取り組み、レスポンス構造がすべてのスキーマに対して検証されるようにしました。エコーショーなどのマルチモーダル機器が登場したことで、音声と映像のシームレスなカスタマーインタラクションモデルが実現しました(大きなフォント、タッチ、ビデオ)。あなたの顧客は、あなたのスキルに慣れている間に、声と手を使うことができるようになりました。 Alexa Skills Kitの新しい表示指示を使用してコンテキスト情報を追加する最善の方法については、Capital Oneから直接学ぶことができますが、より便利な方法で作業を進めることができます。

ALX318 - 音声 + 画面: AVSを使ったマルチモーダルなデバイスの開発方法

この上級セッションでは、コンシューマに向けて意味のある方法で音声と映像の反応を組み合わせたAlexa対応デバイスを構築する方法を学びます。
このセッションでは、インタラクティブマルチモーダル設計のための設計方法とハードウェアおよびソフトウェア開発リソースについて説明します。また、このような実装で先導的な製品の例をいくつか紹介します。

ALX319 - 全てはデータだ: Alexa AIシステムのバックグラウンドにある機械学習

Garbage in Garbage outー不正確なデータを入れれば不正確な答えが出る。すべての機械学習ソリューションの品質は、トレーニングで使用されるデータに依存します。
Alexaの開発者は、組み込みのスロットやインテントのトレーニング、エンティティの解決、ダイアログ管理などの高度な自然言語理解機能を使用することができます。
あなたのスキルのバックグラウンドにあるこの発話データは、音声入力の経験にとって最も重要な貢献者です。
このセッションでは、発声データがシステムによってどのように処理されるか、そして精度を向上させるために開発者としてできることについて説明します。

ALX320 - Alexa賞の裏側にある科学: AIチャレンジ

このセッションでは、Alexaチームの科学者が、Alexa Prizeの背後にあるAIの課題のいくつかを調査し、議論します。
Amazon EchoとAlexaを構築したチームの創設メンバーからのストーリーを通じた自動音声認識(ASR)、自然言語理解(NLU)、会話型インタラクションの課題について学びます。
私たちは、クローズド・トーク、ニア・フィールド、遠距離フィールドのAlexaデバイス、ASR、NLU、会話型インタラクションで使用する方法とフレームワークのノイズ低減アルゴリズムを設計することの初期の困難に取り組みます。

ALX321 - Alexaの最先端科学

AIの黄金時代に参加してください。人間が機械と相互作用する方法は変曲点にあり、会話型人工知能(AI)が変換の中心にあります。 Amazonが機械学習とクラウドコンピューティングをどのように使用してAIの革新を促進し、Alexaをよりスマートにしているかをご覧ください。 Alexa副社長とヘッド科学者Rohit Prasadは、Amazon Alexaの背後にある最先端科学を紹介します。彼はAlexaの音声言語理解と機械学習の進歩に取り組み、次世代のユーザーエクスペリエンスの構築についてAmazonがどう考えているかを紹介します。彼はAlexa賞の初優勝者を発表し、優勝した学生チームに50万ドルの小切手を授与します。

ALX322 - 自然言語プロセスと自然言語生成: 音声デザインの最先端

あなたのAlexaスキルは、お客様の会社の声になります。あなたのブランドの個性と一緒に提供される豊富な情報の伝達手段をどうやって確認しますか?
このセッションでは、Automated Insightsのプロダクトマネジメント担当副社長であるアダムロング(Adam Long)が自然言語生成(NLG)技術について説明し、Alexaの反応をより洞察的で魅力的なものにする方法について説明します。
Amazon Alexaのソリューションアーキテクト、Rob McCauleyは、これらの手法をどのように実践するかを示しています。

ALX323 - Alexaのマルチモーダル体験をデザインする

Echo Showの発表から、Alexaは声を伴ってユーザーに豊かな視覚的なやりとりを見せることができました。このセッションでは、Alexa node.js SDKを使用して、従来のAlexaカードのやりとりと同様に、新しい表示ディレクティブを構築する方法を中心に説明します。

ALX325 - インタビュー: Earplay社のアーキテクトたちはどのようにしてAlexaのラジオドラマを制作したか

このセッションでは、魅力的なAlexa体験を構築した際にEarplayチームが克服した技術的および設計上の課題について説明します。このセッションでは、Alexa Service、AWS Lambda、Amazon DynamoDB、SSML、およびテストツールを使用して、同様のエクスペリエンスを顧客に提供する方法を理解してください。

ALX326 - Alexaの自然言語を付加する挑戦

このセッションでは、複雑で生産品質のAlexaスキルを構築するために必要なすべてのツールとテクニックの完全な図を示します。このセッションでは、Alexaのダイアログ管理、エンティティ解決、スロット抽出機能の使用方法、AWS Lambdaのマイクロサービスを通じて結果を処理する方法について説明します。

ALX327 - Alexaスマートホーム

スマートデバイス用のAlexa Smart Homeスキルを構築する方法を調べることで、複数のロケールで動作する音声制御、ルーチン、および反応的な体験を顧客に提供できます。このセッションでは、今日から利用できる開発者リソースを学び、高品質のスキルを迅速かつ容易に出荷することができます。 Alexa Smart Homeの専門家や経験豊富なHoneywell APIエバンジェリストからのヒント、トリック、洞察力など。

ALX328 - 全ての場所にスマートデバイスを

このセッションでは、家庭内外のスマートデバイス統合へのAlexaの取り組みについて説明します。あなたの製品がAlexaスマートデバイスファミリの一部となり、Alexaをビジネスや家庭に簡単に持ち込む方法を学びましょう。

ALX329 - Echoボタンを使った双方向ゲーム体験のデザイン

Echoボタンは、トリビアゲームのためだけにブザーを鳴らすわけではありません。Echoボタンのためのインタラクティブなゲームスキルを設計し、構築することを舞台裏で見てみましょう! Alexa Gadgetsチームは重要な洞察を提供し、Echo Buttonsがまったく新しいゲームプレイの経験とスキルを顧客に提供する方法を共有します。

ALX401 - 上級者向けAlexaスキル構築: 対話と状態保存

このセッションでは、ダイアログ管理、エンティティ解決、状態管理、セッション永続性、コンテキストの維持など、Alexaスキルビルダーで提供されるいくつかの高度な機能について説明します。 Dialog Managementを使用すると、マルチターンダイアログ内のスキルユーザが、インテントのためにスロットを引き出して確認することができます。 Entity Resolutionを使用すると、スロットの複数の同義語を一意のIDにマッピングすることで、スロット管理を大幅に簡素化できます。これらの会話技術をセッション状態と永続性の管理と組み合わせて、メモリとパーソナライゼーションを可能にします。

ALX402 - あらやだ、取り上げられたわ! : 構築方法、スケール、テストなどをAlexaバックエンドから全顧客へと管理する

優れた経験を築くことはステップ1に過ぎません。このワークショップでは、カスタムAlexaスキルを構築し、顧客の急増に対応できるバックエンドを構築する方法を紹介します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?聞きたいセッションは見つかりましたでしょうか。
日本時間では明日のAM2時頃からいよいよre:Inventが始まります。楽しみですね!