話題の記事

[速報] PrometheusとGrafanaをマネージドで動かすAWSの新サービスが発表されました!(プレビュー) #reinvent

2020.12.16

開催中のAWS re:Invent 2020、ヴァーナーのキーノート中に、Amazon Managed Service for Prometheus(AMP)とAmazon Managed Service for Grafana(AMG)の二つが発表されました!

それぞれ、リリースをみつつキーワードを拾ってみます。

Amazon Managed Service for Prometheus(AMP)

  • 略称:AMP
  • プレビュー中、ただし全アカウントで今から利用可能
  • リージョンは限定されている模様(マネジメントコンソール上で確認可能です)
  • Prometheusと100%コンパチブル
  • CNCF CortexによってマルチAZのHA構成
  • EKSとECSをサポート、オンプレなど他のモニタリングにも使える
  • AWS Distro for OpenTelemetryをサポート

Prometheusは高可用性を保つのが難しいという話を時々ききますが、Cortexを使ってその対策が取られているというのは嬉しいのではないでしょうか。
こちらのドキュメントにGetting Startedが書いてありますので、気になる方は是非さわってみてください!

Amazon Managed Service for Grafana

  • 略称:AMG
  • プレビュー中、利用のためには申請が必要
  • 発表時点で US East (N. Virginia) と Europe (Ireland) リージョンのみ
  • データソースとして以下をサポート
    • Amazon CloudWatch
    • Amazon Elasticsearch Service
    • AWS X-Ray
    • AWS IoT SiteWise
    • Amazon Timestream
  • プラグインコネクタにて、一般的なサードパーティ製のデータソースにも対応可能
  • AWS OrganizationやAWS SSO、CloudTrailと連携
  • Grafana alertsをAmazon SNS経由で送信
  • AWSマーケットプレイス経由でGrafana Enterpriseへアップグレード可能

いわゆるクローズドプレビューという扱いでしょうか。今はリージョンも限られていますが、SSOやSNSとの連携など面白そうな感じですね!

所感

AWSはRDSやElastiCacheはいうに及ばず、ElasticsearchやMongoDB、CassandraやKafkaなど、OSSをマネージドサービスとして提供するパターンがいくつもあります。今回のAMP・AMGもその流れの一つですが、いままではどちらかというとDevよりだったところにOpsの流れが来たのが印象的でした。
一方でOpenTelemetry対応などでOps OOSへの歩み寄りを始めていた流れはありますので、今回の発表もその延長線上と考えるとよいのではないでしょうか。

CloudWatchにはCloudWatchの、サードパーティ製のSaaSにはSaaSの良さと適合場所・活躍ポイントがあり、今回のAMP・AMGはそのラインナップを補強する選択肢のひとつになるでしょう。GAが楽しみですね!

AWS re:Invent 2020 は現在絶賛開催中です!

参加がまだの方は、この機会に是非こちらのリンクからレジストレーションして豊富なコンテンツを楽しみましょう!

AWS re:Invent | Amazon Web Services