Alteryx 2019.4 新機能:Tableau Hyper形式のファイルからデータ入力できるようになりました

2019.12.13

こんにちは。
DA部プリセールスエンジニアの兼本です。

現地時間2019/12/09にAlteryxの新バージョンである2019.4がリリースされ、入力データとしてTableau Hyper形式が使えるようになりました。

やってみた。

データ入力ツールを配置して、データソースの設定を行います。
入力ファイルの一覧に「Tableau Hyper Data Extract(*.hyper)」形式が追加されていますね。

3分クッキング的に事前に作成しておいた「*.hyper」ファイルを読み込んでみます。

うまくデータを読み込めましたね。
ただし、現行バージョンではフィールド名称に日本語を使用しているとフィールド名称が文字化けしてしまう不具合があります。(データは問題なし)
日本語のフィールド名を含む場合は、動的リネームツールを使用してフィールド名を明示的にUTF-8に変換してあげる必要がありました。

動的リネームツールの設定は以下の通りです。

プロパティ 設定値
名前の変更モード フォーミュラ
チェックボックス (すべて選択)
ConvertFromCodepage([CurrentField],65001)

まとめ

いかがでしたか。
現リリースでは、Tableau ServerにデプロイされたHyperファイルを直接参照できないので使えるシチュエーションは限定的ですが、使えるデータ形式が増えるのはうれしいですね。
引き続き、将来のアップデートに期待したいところです。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。