Alteryx 2019.4 新機能:マップツールの標準がMapboxになりました!

2019.12.10

こんにちは。
DA部プリセールスエンジニアの兼本です。

現地時間2019/12/09にAlteryxの新バージョンである2019.4がリリースされました。
今回は、マップツールのアップデートについてご紹介します。

2019.3までのマップツール

まずは旧バージョンでの地図表示(Carto/positron)

続いて、Carto/DarkMatter ちょっと暗すぎるので、残念ながら私はあまり使ってませんでした。

2019.4の新しいマップツール

こちらは、同じデータを2019.4のマップツールで表示したものです。 マップの種類が5種類に増えました。

Alteryx Light

デフォルトのマップです。右下に「@Mapbox @OpenStreetMap」というクレジットが入っていることが確認できます。

Alteryx Dark

旧バージョンのCarto/DarkMatterに対応するマップですが、こちらのほうが可読性が高いですね。

Alteryx Satellite

衛星写真をベースとした地図です。

Alteryx Satellite Streets

衛星写真にストリート名のレイヤが重なっています。

Alteryx Streets

ストリート名のマップです。とても可読性が高いので、私はこのマップが好きです。

まとめ

いかがでしたか。
ストリートマップは建物名も表示されて、非常に可読性が高くなったのではないでしょうか。
Alteryx Public Galleryには、これ以外にもMapboxと連携するツールが公開されていますので、別途、ご紹介したいと思います。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。